シミュレーションに基づくマークアップとコラボレーション

  • 直感的なインターフェースにより動画を見るような手軽さでシミュレーションを再生
  • 順を追った視覚化でシステムの検証を実行
  • 静的および動的な干渉検出、測定、2Dまたは3D断面、動作追跡、データの読み出しなど、解析プローブを有効化または無効化できるほか、さまざまなシミュレーションプローブで継続する結果を確認することも可能
  • スライドの作成、2D/3Dテキストと注釈の追加、品目や距離の測定、形状の断面作成を行うレビュー・ツールにより、正確な解析と情報の共有を実現
  • プロジェクト参加者との迅速なコラボレーションにより、あらゆるレビュー情報をリアルタイムで共有