機械製品の設計の品質と選択肢を強化し、機械設計とシミュレーションの選択肢の複雑さに応じて検討の数を増やせます。

  • メカニカル・エンジニアリングから製造法の初期検討まで、すべての工程をカバー
  • 同一3Dモデル上で表現された完全な3D公差や注釈の定義を活用し、製造情報を抽出・予測することが可能
  • 既存の設計を再利用して、初回で最適な詳細設計を定義