単一の3D製品定義により、3D設計と2Dの公差および注記情報との一貫性を確保します。

  • 製品製造情報を100%3Dで表現することで、正確で注記情報の付いた形状定義を提供。
  • 規制や標準の順守を向上。
  • 公差および解釈エラーを回避し、製造製品の品質を向上。
  • 2D定義から完全な3D定義に自然に移行。
  • 3Dの形状定義に従って簡単に2Dドキュメントを生成および更新。
  • 製造指示や作業指示など、下流アプリケーションに直接フィード。