ユーザーが企業IPを表示、アクセスしようとする度に制限を適用

  • 保護対象項目へのユーザー・アクセスについては、その項目に関連するIPセキュリティー分類のあらゆるルール、あるいは例外ルールへの準拠が必須
  • 分類に応じた、項目へのユーザー・アクセス制限または「サイレント」アクセス(非表示化)
  • ユーザーがログイン情報の一部として現在いる国や所在を宣言することで、ロケーション・セキュリティー・ルールを適切に実施
  • 国籍、セキュリティー・レベル、所属組織、所在(または国)に関連するセキュリティー・ルールに応じてアイテムへのアクセス権を変更(ルール更新有効化時)