建物や車両の利用者の熱快適性モデルの作成と分析を行います。

  • 快適性を判断するために時間とコストのかかる協調シミュレーション分析を行う必要がなくなります。
  • ゾーンおよび空調システムの動的なシミュレーションを同時に行い、快適性を評価します。
  • 快適性特定モデルを活用できる最先端のエンジニアリングを利用することで時間を節約します。