仕様データ管理に構造化されたアプローチを採用して、再利用や変更の影響分析に利用するインテリジェントな情報を作成

  • 技術ならびにビジネス面に関する製品情報の定義を企業全体で一本化し、構造化データと事前承認済みの再利用可能なBOMコンポーネントで、ドキュメント管理の枠を超えた情報提供を可能にします。
  • 原材料とサプライヤーの合理化を通じて、分散したサプライチェーン全体でスケール・メリットを実現
  • 「親オブジェクト」の分析により総合的に変更指示要求を実行し、適切なタイミングで適切なユーザーに適切な情報を提供
  • 変更管理やBOM管理など複数機能領域のニーズに応えるためにカスタマイズされたレポートを表示