モデル・ベースの設計を採用し、3D公差の自動化も可能なクレジット・パック。

  • 部品の機能的な記述に基づく、幾何公差の自動生成。
  • 公差の設計時に、標準への準拠を確認しながら、製品定義を短時間で作成。
  • ユーザーのタイプを問わず、3D Tolerancing & Annotationアプリケーションを利用可能。
  • クレジットを消費する前に、幾何公差を検証用に作成。