パートナーやサプライヤーなどの企業の枠を越えたデジタルな連続性を維持するために、OBJ形式の設計をインポートします。

  • OBJ形式の設計ファイルを3DEXPERIENCE環境で使えるようにスムーズに移行
  • OBJファイルのテッセレーション・モデル表現をグローバルなビジネス・プロセスで活用
  • タッチポイントが広域にわたっていくつもあったとしても、そこからデータを取り込んで意思決定のレベルを上げることができ、ベスト・イン・クラスのサプライヤーやパートナーを選べる