流体と熱伝導をシミュレーションし、製造上の問題を回避しながら製品の品質を向上

Fluid Dynamics Engineerロールでは以下に対応しています
  • 製品のイノベーションを加速するために、流体と熱性能の設計代替案を効率的に検討
  • シミュレーション主導の製品開発で作業を同時進行で進めるために、統合化されたCADとPLMをフル活用
  • 設計者専用のガイド付きインターフェースを使用できるため、製品の定常状態の長時間にわたる定常フローと熱挙動の予測が容易
  • プロジェクト関係者どうしでコラボレーションしながら、流体シミュレーションの結果に基づいて意思決定
  • ローカルでの計算の最大コア数は8個まで(計算能力のアップに対応)