成果物ベースでプロジェクトを管理することができ、製品やサービスのデータとプロジェクトを関連付けて、リアルタイムで監視と評価を行い、プロジェクトのパフォーマンスを向上させることができます。

  • 解析と意思決定を迅速に行うために、プロジェクト パイプラインへのリアルタイム アクセスを提供します
  • プロジェクト マネージャと部門マネージャの間でリソースの利用率を高め、競合を減少させます
  • フェーズ、ゲートおよびマイルストーンを事前に定義して、最高クラスのプロセス・テンプレートを使用することで、フェーズベースの意思決定プロセスを推進します。
  • 成果物、リスク、問題など、プロジェクトの KPI に関するリアルタイムの進行状況を追跡することで、意思決定を改善します
  • プロジェクトをより小さな管理しやすいプロジェクトに分解することで、複雑な製品開発アクティビティの実行と監視を改善します