構想設計の早い段階で、人の姿勢やユーザー・エクスペリエンスを快適さや安全性の観点から評価します。

  • 高度な姿勢設定を応用した人のアバターを作成しアニメーション化
  • 高解像度の人間モデル、環境、素材の豊富な各種ライブラリ
  • ユーザーと環境との相互作用を現実に近い形で再現した没入型VR機能で検討
  • バリアントのレビューのシナリオを作成・再生し、設計に対して適切な判断を下すことが可能