製品開発データをプログラムに関連付け、リアルタイムの監視と評価を可能とし、プログラムのパフォーマンスを向上

  • 割り当てられたタスクの実際のステータスをリアルタイムで報告、契約の成果物についてコラボレーション
  • 予測レポートやその他のレポートにより成果物を容易に追跡
  • プロジェクトのリスク、問題、および機会に関するステータスを取り込み、緩和およびレポート
  • 会議、決定、中間成果物のベースラインを追跡して、履歴参照用にトレーサビリティーを確立