最適化された堅牢な複合材設計を実行して、重量を最適化しながら強度の評価結果をそのままで維持し、製造とプロトタイプのコストを削減

  • 高度なサーフェス・モデリング・ツールを使用して、複雑なサーフェスの上に複合材データを作成
  • 変更、修正、更新を自動的にすばやく処理できるように関連付けられる設計を作成
  • アセンブリーのコンテキストで設計
  • 精緻な積み重ねの定義と管理を行い、構想設計をもとにプライを生成
  • モックアップに早い段階で組み込むための概念的なソリッドまたはIMLサーフェスを生成
  • ハンド・レイアップとファイバの配置を対象にしたファイバ・シミュレーションで高度な生産性分析を実行
  • 堅牢な設計を目指す品質ルールベースのアプローチと、複合材データの制御を統合化
  • 更新や変更が自動的に管理されているため、図面ベースのプライ・ブックの準備が簡単
  • 構想設計段階と詳細設計段階で複合材設計の強度、剛性、動きを検証し、重量の最適化を実行できるように構造シミュレーションをサポート
  • プロトタイプにかかるコストを削減し、市場投入までの期間を短縮