コラボレーションによって構成情報を考慮したBOMを作成し、BOMエラーを排除

  • 製品アーキテクチャを定義し、最適化
  • 顧客と製品の要件を絞り込んで製品機能に割り当てて、すべての製品開発を促進
  • 製品または機能のバリエーションの過剰な拡張を制御
  • 部門の枠組みを越えた製品機能の理解