製品提供の想定し得るすべてのバリアントを満たしながら、再利用を最適化

  • すべての領域にわたって、コンフィギュレーションの管理とコンフィギュレーションの実装との間を関連付け
  • 企業のコンフィギュレーションをエンジニアリング定義で直接、利用可能
  • オーサリング・アプリケーションの中でコンフィギュレーション・コマンドに直接アクセス
  • 意図を厳密に対処し、コンフィギュレーション間で最大限に再利用するための管理基準の観点から的確な派生物とバリアント/オプション使用条件を構成要素に割り当て