製品開発段階でコンテンツを厳密に分類し、改善、再利用、コスト削減を達成します。

  • 各種のIPカテゴリーに応じたマルチレベルのライブラリを定義
  • 分類の意味合いに基づいてIPを整理
  • IPの標準化プロセスに対応
  • ユーザーに意識させることなく、複数分野にわたるエンジニアリング・アプリケーションが連携しているため、再利用の試行が容易