設計プロセスの早い段階で、人の姿勢やユーザー・エクスペリエンスを快適さ、安全性の観点から評価できます。

  • 物理プロトタイプの数を減らせるため、進捗の遅れの原因になり、コストも時間もかかる設計変更を防止
  • 確定した航空機要件に基づいて人的要因の基準を定義
  • メインの用途、長所、人的要因を指定
  • 人間と、その周りの環境や他の人との相互作用をモデル化しシミュレーション
  • 人的要因を評価し、人的要因の推奨案をプレゼン