建設プロジェクトやインフラストラクチャー・プロジェクト用の実物に近いレンダリングと仮想現実体験。

  • ほぼ実物と同じで、可否をすぐに判断できる設計モデルです。サイズを正確に再現した物体をレビュー
  • フォトリアリスティック・レンダリングと動画を生成し、設計に対する判断を収集し共有
  • 最新の投影技術、トラッキング技術、対話技術を使用して、ユーザー1人の場合はHMD、チームの場合はPowerwallとCAVEで仮想現実の判断レビューを準備、実行。また、チーム・メンバーの作業場所が局所的、広域的かに応じて共同作業の規模に合った判断レビューを準備、実行