分野

SOLIDWORKSは、統合されたワークフローによって、企業の製品開発プロセスのあらゆる側面に対応しイノベーティブな製品をより迅速に市場に提供するのを可能にします。

+1-781-810-5011

2D CAD

世界トップクラスの 2D 製図。高額な AutoCAD は不要です。

DraftSight ソリューションでは、思いどおりに作業して、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換できます。

DraftSight の詳細はこちら。

2D CAD
この分野を確認
3D CAD

3D CAD

SOLIDWORKS の 3D CAD ソリューションでは、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換できます。

SOLIDWORKS の直感的な 3 次元設計と製品開発のソリューションにより、革新的なアイデアを優れた製品設計へと概念化、作成、検証、伝達、管理そして転換できます。

SOLIDWORKS 3D CAD の詳細はこちら。

この分野を確認

3DEXPERIENCE Works

協調設計をビジネスの強みに。

SOLIDWORKS の拡張 3DEXPERIENCE® Works ポートフォリオは、エコシステム全体を統合し、関連するすべての関係者、アプリケーション、リアルタイム・データをつなぐことで、生産性の向上、コラボレーションの増加、イノベーションの促進を実現します。クラス最高の 3D モデリング、シミュレーション、データ管理、製造ソリューションを、3DEXPERIENCE プラットフォーム上の単一の統合された環境で提供します。

3DEXPERIENCE Works の詳細はこちら。

3DEXPERIENCE Works
この分野を確認
コラボレーション

コラボレーション

SOLIDWORKS のコラボレーション・ソリューションを利用することで、開発プロセス全体を通して新たなアイデアでの迅速なコラボレーションが可能になります。

統合されたソーシャル・ツールを使用してチームとコラボレーションできます。製品開発プロセス全体を通じて、経営層、顧客、サプライヤーなどの関係者と交流できます。

SOLIDWORKS コラボレーションの詳細はこちら。

この分野を確認

エレクトリカル・デザイン

SOLIDWORKS Electrical では、ECAD と MCAD を統合して、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換できます。

SOLIDWORKS のエレクトリカル・ソリューションでは、エンジニア向けの特殊なツールで電気製品設計を簡素化します。直感的なインターフェースにより、組み込み電気システム設計を迅速に進められます。

SOLIDWORKS エレクトリカル・デザインの詳細はこちら。

エレクトリカル・デザイン
この分野を確認
製品データ管理

製品データ管理

SOLIDWORKS のデータ管理ソリューションでデータや製品ライフサイクル情報、その他の製品ドキュメントを管理することで、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換できます。

SOLIDWORKS のデータ管理ソリューションでは、データ・ファイルやドキュメントの管理を迅速化および効率化する機能を備えたアプリケーションを幅広く揃えており、生産性を最大限に高め、製品品質を向上することができます。

製品データ管理の詳細はこちら。

この分野を確認

シミュレーション・ソリューション

SOLIDWORKS のシミュレーション・ソリューションでは、製品の動作を解析および検証して、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換できます。

使いやすい分析ツールが揃った SOLIDWORKS のシミュレーション・ソリューションにより、CAD モデルのバーチャル・テストを実施し、実際の製品の動作を予測できます。初心者でも専門家でも、複雑な線形・非線形解析を実行して製品設計を検証し、製品に関する意思決定をデータに基づいて迅速に行うことができます。

シミュレーション・ソリューションの詳細はこちら。

シミュレーション・ソリューション
この分野を確認
テクニカル・コミュニケーション

テクニカル・コミュニケーション

SOLIDWORKS のテクニカル・コミュニケーション・ソリューションでは、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換できます。

3D 製品製造データを利用した、テクニカル・コミュニケーションの改善、検査文書の自動作成、高品質なグラフィックやインタラクティブなプレゼンテーションで使用した 3D 設計データの再利用を可能にします。

この分野を確認

視覚化

SOLIDWORKS の視覚化ソリューションを利用することで、新たなアイデアを優れた製品にすばやく変換していち早く市場に投入できます。

3D CAD データを写真品質の画像、アニメーション、インタラクティブな 3D コンテンツに変えて、製品を実際の形で表現できます。

視覚化の詳細はこちら

視覚化
この分野を確認