自動車・輸送機械・モビリティ業界のシミュレーション・ソリューション

未来のモビリティに向けた自動車イノベーションを推進

自動車・輸送機械・モビリティ業界

現在、自動車・輸送機械・モビリティ業界では変革が進んでおり、お客様はカスタマイズされた新たな体験を求めています。新興企業や競合企業も急速に参入しています。市場には、電気自動車、コネクテッド・カー、自動運転車が登場し、他にも新たなタイプの自動車が数多く生まれています。エネルギー消費量、安全性、持続可能性に関する規制要件が、世界中の市場で増加しています。状況はますます複雑になり、コストに対する圧力も激しさを増しています。

企業はどのように立ち向かえばよいのでしょうか? 車両コンセプト、設計、エンジニアリング、製造、使用のあらゆる側面における仮想テストや仮想シミュレーションを網羅するデジタル・エンジニアリングは、こうした課題を克服するための戦略の核となります。インダストリー・プロセス・アプローチでは、さまざまな規模や分野に合わせてシミュレーションを行うことで、発見、イノベーション、最適化を改善し、市場投入期間を短縮します。また、コストの予測が可能になり、リスクが低減され、消費者の求めるエキサイティングな製品を生み出すことができます。こうしたアプローチは、現在の環境はもちろん、変革が進む混乱した状況でも不可欠です。

ソリューションでできること

Vehicle Dynamics(車両力学)

 

リアルタイム・マルチ・ボディ・システム(MBS)シミュレーションにより、ハンドリング、走行性、乗り心地などの一般的な車両力学性能基準を開発、最適化、検証します。耐久性評価、構成部品やシステムレベルの騒音および振動調査、全体的なメカトロニック・システム体験検証のための高度なMBSシミュレーション関連ワークフローも含まれます。

ソリューションを詳しく見る

Cabin Comfort(車室内の快適性)

 

デジタル・プラットフォームでシミュレーション活用しさまざまなエンジニアリング課題に対応する事が可能になり、乗員の温度、音響、視界の快適性レベルや人間工学的な快適性レベルを達成できます。エネルギー消費量をコントロールしながら、包括的な車内体験を実現します。

ソリューションを詳しく見る

Performance Driven Architecture(パフォーマンス・ドリブン・アーキテクチャ)

 

Performance Driven Architectureインダストリー・プロセスは、共通の環境下でさまざまな分野の早期段階での設計性能評価を可能にします。この共通の環境では、規制、アーキテクチャの定義、システム・モデリング、仮想シミュレーションをすべてサポートします。アーキテクトとシミュレーション・エキスパートは、互いに連携してアイデアを仮想環境で評価し、詳細設計に移行する前のコンセプト・レベルでトレードオフを速やかに確認する事ができます。

ソリューションを詳しく見る

Chassis and Suspension Strength & Durability(シャーシおよびサスペンションの強度と耐久性)

 

シャーシおよびサスペンション性能の主な目的は、1)車体を支える車両シャーシとサスペンションの構造的な整合性を保証すること、2)車両の乗り心地とハンドリングを改善すること、3)すべての規制および品質要件を確実に満たすことです。

ソリューションを詳しく見る

Powertrain Strength & Durability(パワートレインの強度と耐久性)

 

Powertrain Strength & Durabilityは、内燃機関のパワートレイン構造シミュレーションでエンドツーエンドの統合ワークフローを実現するプロセスです。大規模なモデルでも高い効率が得られます。このプロセスでは、Abaqus有限要素解析(FEA)テクノロジーを使った構造性能を仮想検証できます。内燃機関(ICE)を搭載する自動車、トラック、その他の車両のパワートレインを開発・最適化するエンジニアリング・プロセスに不可欠です。

ソリューションを詳しく見る

衝突解析

 

ここ10年で衝突試験規制はさらに厳格になっており、優れた安全性評価を達成するには性能の向上が必須となっています。OEMは5つ星評価を再び獲得するために構造、材質、乗員拘束システムのさらなる研究を進めていますが、ここで衝突解析が重要な役割を果たします。

ソリューションを詳しく見る

Brake System Engineering(ブレーキ・システム・エンジニアリング)

 

シミュレーションでは、制御系やサスペンションなどの他の車両システムとの相互作用における応力、熱、流量の物理的な3D効果を再現します。高精度な物理ベース・モデルと迅速なターンアラウンド手法を使ってシミュレーションを進めることで、エンジニアは膨大な量の設計をすばやく評価し、設計を改善できます。設計と検証作業が車両全体およびサブシステム・レベルで可能です。

ソリューションを詳しく見る

その他のアプリケーション: