エネルギーおよびプロセス向けリアリスティックシミュレーション

メーカーおよびサプライヤ各社では、SIMULIA のリアリスティックシミュレーションの各種ソリューションを活用して、効率的な設計解析を実現するために設計代替案の評価、プロジェクトの共同作業、コンピュータ資源の有効利用が行われています。

発電

発電用の設備および構造物は、組立荷重、地震や風による荷重、その他の環境条件に起因する荷重に対して設計することが必要です。構造部材は、熱荷重、振動、腐食による劣化を受ける可能性もあります。繰り返し荷重による疲労も考慮する必要があります。発電用設備と関連構造物の解析および設計では、発電所全体のライフサイクルにわたる損傷、設備内の疲労、クリープなどの準静的現象、地震荷重による非線形の動的な影響、タービン内の流体-構造連成相互作用の推定が必要とされます。

SIMULIA の Abaqus Unified FEA 製品群では、線形および非線形領域における発電所の構造物の強度や変形を正確に予測できるリアリスティックシミュレーションの各種ソリューションが提供されています。Abaqus の前処理および後処理テクノロジは、その高度なソルバと併用することで、構造解析のための確実で完全なソリューションをご提供します。さまざまな材料モデルと荷重/境界条件を利用して、静的、モーダルおよび動的解析を実行できます。発電所の装置および構造物をモデル化し、接触や損傷による詳細な影響を評価することも可能です。

ソリューションの機能

  • 塑性およびクリープを含む幅広い材料モデル
  • 非線形の陰解法および陽解法による動的解析機能
  • クリープをモデル化するための準静的解析機能
  • モーダルおよび座屈解析、応答スペクトル解析、ランダム応答解析
  • 補強材をモデル化するための埋め込み要素およびリバー
  • 自動接触や一般接触を含む高度な接触モデル化機能
  • fe-safeによる疲労モデリング機能