航空宇宙・防衛向けリアリスティックシミュレーション

メーカーおよびサプライヤ各社では、SIMULIA のリアリスティックシミュレーションの各種ソリューションを活用して、効率的な設計解析を実現するために設計代替案の評価、プロジェクトの共同作業、コンピュータ資源の有効利用が行われています。

複合材

複合材は、優れた特性と必要に応じて応答を調整できる能力のために、多くの産業分野でますます利用されています。複合材による構造の認証には、コンポーネントまたは車両全体での試験が必要になります。試験には多額の費用と時間がかかりますが、通常は設計サイクルの最後に実施されるため、設計に有意義な影響を与えることもありません。最近まで、各種解析機能は開発サイクルの初期段階で設計に影響を与えるため、シミュレーションを利用できるほど十分には発達していませんでした。

適切な最新のシミュレーションツールを利用することによって、設計の改善、試験値の増大、現在必要とされている実物試験の大幅な回数削減と規模縮小が可能になります。Abaqus FEA 製品群では、静的荷重ケースだけではなく、衝撃、衝突、BVID、バードストライクなど、動的荷重ケースのシミュレーションも利用されています。SIMULIA の製品プラットフォームは、複合材のシミュレーション手法を進化させ、規制および競争上の要件を満たすために一層正確な結果を提供することが可能です。

ソリューションの機能

  • 複合材の破壊および損傷に対応した最先端の解析機能
  • 積層損傷を含む高度な材料モデル
  • 複合材をシミュレートするための最新の要素テクノロジ
  • モデル生成時の最先端のプライの定義、管理および適用
  • 複合材モデル化結果の厚さ方向に対する意志決定の高速化
  • ジオメトリ交換による CATIA PLM 製品との双方向関連付け