航空宇宙・防衛向けリアリスティックシミュレーション

メーカーおよびサプライヤ各社では、SIMULIA のリアリスティックシミュレーションの各種ソリューションを活用して、効率的な設計解析を実現するために設計代替案の評価、プロジェクトの共同作業、コンピュータ資源の有効利用が行われています。

弾道および爆風

(U.S. Army - ARDEC, Picatinny Arsenal提供)

弾道および爆風の問題は、高度に動的であり、破壊や塑性などの複雑で非線形な機械的現象であるため、しばしば複数の物理領域のモデル化が必要になります(例:水中爆発 UNDEX)。これらの荷重条件下でのシステムの破壊は、致命的ではないとしても、ほぼ常に壊滅的な結果になります。弾道および爆風を現実的にシミュレートするための課題はいくつもありますが、SIMULIA の Abaqus Unified FEA 製品群は、それらの問題を高精度で解析するために最適です。

世界最高水準の直感的なグラフィカルインタフェース(Abaqus/CAE)によって、複雑な形状をツール内で組織的に構築する事や、Pro/Engineer や CATIA などの一般的な商用 CAD システムと連携したインタフェースを介してシステム全体をインポートする事が可能です。Abaqus Unified FEA システムは、1 つのジオメトリセットを共同で取り扱う組織内のすべての機能にわたるユーザーを対象に設計されています。そのため、業界最高水準の材料および要素ライブラリと高度に最適化された並列 Abaqus/Explicit ソルバーを利用することによって、非常に複雑な荷重条件を現実的にシミュレートすることが可能です。これにより、設計サイクルの期間が大幅に短縮され、重要な人命にかかわるコンポーネントの配備が加速されます

ソリューションの機能

  • Abaqus/CAE に基づく統合されたモデリングおよびシミュレーション環境
  • 業界最高水準の要素および材料ライブラリ
  • 高度に最適化された並列陽解法ソルバー
  • 極端な変形や複数の物理領域を含む問題に対応する連成 Eulerian-Lagrangian(CEL)法
  • 組み込み繊維モデル