航空宇宙・防衛向けリアリスティックシミュレーション

メーカーおよびサプライヤ各社では、SIMULIA のリアリスティックシミュレーションの各種ソリューションを活用して、効率的な設計解析を実現するために設計代替案の評価、プロジェクトの共同作業、コンピュータ資源の有効利用が行われています。

航空用エンジン

(Rolls-Royce 社提供)

航空用エンジンの設計を成功させるためには、安全性とライフサイクルに関する重要な目標が達成されていることを保証する多くの複雑なシミュレーションが必要とされます。オーバーホール間隔の延長や軽量化などの相反する要件のために、詳細かつ正確な解析が一層重要になります。振動、高温、クリープ、摩耗など、多くの設計要因を考慮する必要があります。複合材や特殊合金が航空用エンジンの設計で使用されることが多くなっているため、それらに固有の特性を疲労寿命の要件に対して考慮することが必要です。

SIMULIA では、設計の初期段階からプロダクトライフサイクル全体を通じたシミュレーションおよび解析を可能にするリアリスティックシミュレーションの各種ソリューションを提供しています。これにより、再設計、再加工、追加の実物試験に関連するコストを削減しつつ、シミュレーションへの投資に対する収益率が最大化されます。

 

非定常応力を予測するための線形動的解析機能、ユーザー開発のクリープおよびその他の材料挙動を組み込むための詳細なユーザー定義材料機能、さらに熱解析機能一式によって、SIMULIA の各種ソリューションは次世代エンジン開発のための完全な設計および解析ツールとなっています。

ソリューションの機能

  • 最先端の接触機能により困難な接触問題を解析可能
  • 解析場として指定可能な熱境界条件
  • 線形動的解析機能
  • 周期対称境界条件を持つ周期構造のモデル化を単純化
  • ユーザー定義の応力および材料の熱的挙動の解析機能