l10n_parent = '11210' and !deleted and !hidden and sys_language_uid = '2' l10n_parent = '5728' and !deleted and !hidden and sys_language_uid = '2' EXALEAD 3Dエクスペリエンス

EXALEAD R2019xの新機能

今回のリリースの新機能:

R2019xのSourcing & Standardization Intelligenceポートフォリオでは、Standard Part Analystロールのユーザー・エクスペリエンスが向上しました。さまざまなReduce分析モードを強調することで標準化担当者の調査を進めやすくしました。ユニバースをシンプルにするために、ツリー・マップからクラスターを直接マージし、最後の処理以降に作成された新しい部品全体を考慮して更新できるようになりました。

設計者向けに、CATIAにおけるPreferred Part Consumerロールの類似検索には、穴の数や場所を基準に部品を類似検索できる新しい検索オプションが用意されています。

PLM Analyticsポートフォリオでは、Cost Intelligenceにより、ユーザーはコストや重量といった重要なKPIを定義し、時間の経過に伴うその変化を追跡しながら、設計に沿った診断を実行したり、製品構造を製造したりすることができます。さまざまな基準に従ったコスト内訳の把握に役立つ分析ビューが表示されます。

Chartboardの機能が向上しました。アプリケーションによって提供された元のページを基にカスタム・ページを作成することによって、分析された主要トピックを中心にリアルタイムでレビューできるようにします。

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • 更新
  • 新規
  • Business Analytics Developer

    オンプレミス
    簡単に素早く、カスタマイズした分析アプリケーションを開発
    ロールを確認する
  • Business Analytics Manager

    オンプレミス
    すべてのビジネス・ユーザーが必要に応じで新たな分析ビューを作成可能
    ロールを確認する
  • Business Analytics User

    オンプレミス
    リアルタイムのインタラクティブなプロセスとプログラム分析を通してビジネス上の意思決定を改善
    ロールを確認する
  • Change Intelligence User

    オンプレミス
    具体的なあらゆる質問に答えるセルフサービス・モード機能を活用し、過去または作業中の変更に対して診断分析とトレンド分析を実行
    ロールを確認する
  • Issue Intelligence User

    オンプレミス
    問題の変化を監視、診断しながら、問題の緩和/排除に必要な根本原因を把握
    ロールを確認する
  • Preferred Part Consumer

    オンプレミス
    Preferred Part Consumerロールにより、設計者やアーキテクトは、選択した部品に類似する部品の一覧を推奨アプリケーション内に取り込んだり、クエリーに回答したりすることで、部品の再利用に関する意思決定を促進できます。この一覧には、部品調達および標準化に関する推奨事項を基に再利用に適した社内推奨品が強調表示されます。
    ロールを確認する
  • Project Intelligence User

    オンプレミス
    具体的なあらゆる質問に答えるセルフサービス・モード機能を活用し、過去または進行中のプロジェクトに対して診断分析とトレンド分析を実行
    ロールを確認する
  • Standard Part Analyst

    オンプレミス
    標準化プロセス担当者を対象に、Standard Part Analystでは、企業が過去に作成した類似する標準部品やエンジニアリング部品の中からさまざまなリファレンスを特定できます。新しい製品の作成時にエンジニアリング部門で使用すべき部品を選択してハイライトすることでリファレンスを削減し、開発にかかる時間と全体的なコストを削減しながら、製造製品の品質を向上させることを目的としています。
    ロールを確認する