販売担当に連絡

調達および標準化インテリジェンス

部品の再利用、自社製造/外部委託プロセスを促進、標準化を強化

Sourcing & Standardization Intelligenceアプリケーションでは、類似部品を再グループ化して分類し、それらを左右に並べて比較することで再利用に適した推奨部品を選択できます。過去の情報を活用するこのアプリケーションは、部品調達に必要なナレッジを探り出し、発注を最適化します。Sourcing & Standardization Intelligenceアプリケーションの詳細を確認

主なメリット

  • 容易な標準化
  • 再利用の強化
  • 部品調達の最適化

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • PartSupply Optimized Components Consumer

    設計者は、企業の標準化と調達の方針に沿って最適化されたコンポーネントに設計の中から直接アクセスできます。
    ロールを確認する
  • PartSupply Standard Components Manager

    設計者の現場側で部品が最適化され調達可能になるという企業の調達と標準化の方針に従って、設計者のコンポーネントのカタログを管理
    ロールを確認する
  • Preferred Part Consumer

    Preferred Part Consumerロールにより、設計者やアーキテクトは、選択した部品に類似する部品の一覧を推奨アプリケーション内に取り込んだり、クエリーに回答したりすることで、部品の再利用に関する意思決定を促進できます。この一覧には、部品調達および標準化に関する推奨事項を基に再利用に適した社内推奨品が強調表示されます。
    ロールを確認する
  • Standard Part Analyst

    標準化プロセス担当者を対象に、Standard Part Analystでは、企業が過去に作成した類似する標準部品やエンジニアリング部品の中からさまざまなリファレンスを特定できます。新しい製品の作成時にエンジニアリング部門で使用すべき部品を選択してハイライトすることでリファレンスを削減し、開発にかかる時間と全体的なコストを削減しながら、製造製品の品質を向上させることを目的としています。
    ロールを確認する