販売担当に連絡

ビジネス・モデリング&プランニング

市場機会の活用

ビジネス・モデリング&プランニングでは、企業の「デジタル・ツイン」を作成して利用する機能を提供することで、市場機会をより効果的に捉えて製品やサービスを企画し、今後の市場ペースでこうした機会を生かすことができます。インテリジェントなビジネス・モデルが提供する関連情報により、ビジネス戦略や社内基準に合わせた効果的な計画を策定できます。リソース、機能、イノベーションを特定することで、市場で素早く利益を得られるよう機会を発展させることができます。優れたチームの資産やイノベーションを活用しながら、コラボレーションによる計画の立案と展開行うことで、ビジネス上の強みを生み出し、それを維持することができます。

主なメリット

  • 複合領域をまたぐコラボレーションを通して革新的なイノベーションを実現
  • バリュー・ネットワーク全体で最適なテクノロジーを特定して利用
  • 設計時点で製品の要件を満たし、期待以上の成果を得る
  • インテリジェントなビジネス主導型の環境で作業を行うことで、真のイノベーションを実現

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • プログラム管理
  • プロジェクト管理
  • 製品ポートフォリオの計画
ENOVIA Program Managementでは、大規模で複雑な製品ポートフォリオの定義と開発が可能になります。プロジェクトと製品開発データはプログラムに関連付けられ、ポートフォリオ全体をリアルタイムに監視・評価できます。
ENOVIAの Project Managementでは、プロジェクト担当者は成果物ベースのプロジェクト管理によって開発サイクルタイムを、スコープ、キャパシティ、リソースの制約範囲内で最適化できます。「インビジブル・ガバナンス」により、ステータスを手動で追跡する必要がなくなります。
現在でも、多くの企業は分断されたリソース、プロジェクト、オーサリング・アプリケーションを使用してプログラムを管理しています。その結果、重要なビジネス上の意思決定を左右するプログラム・データの収集と統合が、手動で時間がかる、エラーの発生しやすいプロセスとなっています。ENOVIA Product Planning and Program Managementでは、製品ポートフォリオの定義と開発が、それを管理するプロジェクトの追跡に関連付けられます。ポートフォリオに関する決定の影響も、プロジェクト・スケジュールと照らし合わせてすばやく評価できます。結果として、プロジェクト担当者は、製品ポートフォリオへの影響を完全に理解した上で、問題解決に取り組むことができます。ベストインクラスのビジネス・プロセスを活用してバリューチェーン全体でガバナンスを標準化できます。 成果物ベースのプロジェクト管理により、製品開発データとプロジェクト実行が関連付けられます。「インビジブル・ガバナンス」によって、プロジェクトはリアルタイムの成果物ステータスで更新され、潜在的な問題やリスクが表面化する前に特定することができます。製品の計画・開発サイクルタイムを、スコープ、キャパシティ、リソースの制約範囲内で最適化できます。
  • プログラム管理

    Contract Deliverable Manager

    製品開発データをプログラムに関連付け、リアルタイムの監視と評価を可能とし、プログラムのパフォーマンスを向上
    ロールを確認する
  • プログラム管理

    Contract-based Program Manager

    すべての要件をチーム全体に浸透させて、契約遂行のパフォーマンスを向上
    ロールを確認する
  • プロジェクト管理

    DHF based Project Manager

    自動同期機能により、追跡可能な製品設計履歴ファイル(DHF)で設計の作業と成果物を管理
    ロールを確認する
  • 製品ポートフォリオの計画

    Product Manager

    顧客のニーズや個人設定情報に応じたサービスを適切なタイミングで提供
    ロールを確認する
  • プロジェクト管理

    Project Manager

    成果物ベースでプロジェクトを管理することができ、製品やサービスのデータとプロジェクトを関連付けて、リアルタイムで監視と評価を行い、プロジェクトのパフォーマンスを向上させることができます。
    ロールを確認する
  • プロジェクト管理

    Project Planner

    チームの計画を無駄なくすっきりさせ、リソースとプロジェクト実行の全体的なコストを削減
    ロールを確認する
  • 製品ポートフォリオの計画

    Requirements Engineer

    プロジェクト関係者全員がシステムのライフサイクルに沿ってシステム仕様を把握、管理できるようにする
    ロールを確認する