販売担当に連絡

Bill of Materials Management

情報の一元管理

ENOVIA Bill of Materials Managementでは、製品設計者が完全かつ正確な最新の部品表(BOM)を作成および管理するのを支援します。今日、ほとんどの製品は、機械エンジニアリング、電子エンジニアリング、ソフトウェア・エンジニアリングなど、複数領域の関与が必要です。これにより製品の複雑性が増すため、正確なBOMを作成し、製品開発プロセスを通じて変更が発生しても精度の高いBOMを維持管理することが重要です。精度の高いBOMは企業関係者による製品の購入、製造、販売、サポートを左右します。ENOVIAでは、統合され完全に接続したグローバルまたは拠点別の部品表ビューを利用でき、共通の自動化された開発および変更プロセスにより精度を維持できます。その結果、コラボレーションの改善、手戻りの減少、製品品質の向上、開発コストの削減を実現できます。

 

 

 

主なメリット

  • 部品設計の統合による在庫管理の合理化とコストの削減
  • 適正な部品を必要な時に利用できるように、ユーザーに正確な情報を提供
  • 企業全体で関係者の知識とスキルを活用して、市場投入までの時間を短縮

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • Consumer Goods
  • Consumer Packaged Goods
  • Engineering BOM Management
  • Manufacturing BOM Management
消費財(CG)業界の商品開発担当者は、競争優位性を維持するためにイノベーションを必要としています。3DEXPERIENCEプラットフォームによって強化されているENOVIAでは、製品の設計、エンジニアリング、開発と調達を単一のグローバル・ソリューションで管理することでイノベーションに不可欠なコラボレーションをサポートします。
パッケージ製品(CPG)業界は、分散するサプライチェーンに依存して製品を生産します。3DEXPERIENCEプラットフォームによって強化されているENOVIAにより、製品及び仕様開発者は正確かつ最新の単一BOM及び製品仕様をすべての関係者に提供できます。企業全体で統一された変更プロセスを採用することで、変更にによる影響を特定し、あらゆる更新情報を適切な関係者に適切なタイミングで確実に提供できます。
ENOVIA Engineering BOM Managementでは、プロダクトエンジニアは複合領域の設計作業を同期することにより正確で最新の設計部品表(eBOM)を作成することができ、製品構造と設計部品表(BOM)の共通のビューが生成されます。このeBOMは、企業の関係者にとって「一元管理されたデータ」となります。
ENOVIA Manufacturing BOM Managementは、設計部品表および複数の製造拠点の部品表のすり合わせを管理します。これにより製品設計と製造間のコラボレーションが改善され、製品の高品質化、上市までの時間短縮が実現します。
  • Consumer Goods

    Collection Developer

    オンプレミス
    運用効率とサイクル・タイムの改善を左右する商品開発と管理
    ロールを確認する
  • Engineering BOM Management

    Configuration Management for BOM

    オンクラウド オンプレミス
    コラボレーションによって構成情報を考慮したBOMを作成し、BOMエラーを排除
    ロールを確認する
  • Manufacturing BOM Management

    Manufacturing BOM Manager

    オンクラウド オンプレミス
    設計部品表および複数の製造拠点の部品表をグローバルにすり合わせして維持
    ロールを確認する
  • Engineering BOM Management

    Product Engineer with New Part Request

    オンプレミス
    新部品導入に伴う効率性の向上と再利用の促進
    ロールを確認する
  • Engineering BOM Management

    Product Engineer

    オンクラウド オンプレミス
    設計部品および部品表の単一の定義を使用して企業全体でコラボレーション
    ロールを確認する
  • Consumer Packaged Goods

    Product and Specification Engineer

    オンプレミス
    仕様データ管理に構造化されたアプローチを採用して、再利用や変更の影響分析に利用するインテリジェントな情報を作成
    ロールを確認する
  • Engineering BOM Management

    Project and Product Engineer

    オンクラウド オンプレミス
    イノベーションを推進し、生産性を高めて、迅速な市場投入を実現
    ロールを確認する