鉄道輸送

需要ベースの計画で収益の最大化

鉄道輸送オペレーション

DELMIA Quintiqを利用すると、列車の利用率と運用の柔軟性を最大限に高めることでコストを抑制できます。そして最終的には、契約を獲得し維持する能力の強化につながります。このソリューションでは、対立する需要の平衡化を支援します – クライアントは信頼性が高く手頃な価格で、追跡可能なサービスを求め、株主は投資収益の最大化を求めます。また、従業員は個人的なニーズや希望への対応を求め、安全規制機関は労働規制への準拠を求めます。このソリューションにより、最終段階の注文、季節変動、業務の中断など、現在の鉄道会社が直面している大きな課題の克服が可能になります。

主な機能とメリットは以下の通りです。

予測に基づいた需要計画の作成

短期的な鉄道輸送注文と長期的な運行キャパシティのバランスをとります。DELMIA Quintiqでは、広範な予測アルゴリズム・ライブラリを利用でき、また現在の契約と注文履歴を把握できるため、より優れた長期需要計画の作成が可能です。偏差を最小限に抑え、利用率を最適化して管理可能な運用計画を作成できます。

比較して最高のシナリオを選択

需要が15%増加したときの対応であれ、別の鉄道の移動に関する運用上の実現可能性であれ、顧客委託の財務面の有効性であれ、次の動きが何であれ、その結果を予測し、オペレーションに対する影響をほんの数分で測定できます。

スケジュールの柔軟性と正確性を強化

運用計画に対する影響を最小限に抑えて、最終段階の指示を計画します。DELMIA Quintiqでは、インフラストラクチャー・マネージャー、注文システム、その他の主要なソースの情報を追跡し、すべての変更を自動的に伝達して、スケジュールを矛盾のない最新の状態に保ちます。

ダイナミック・プライシングにより収益を最大化

DELMIA Quintiqプラットフォームでは、企業の価格データの履歴を分析し、現在の市場変動、鉄道利用率、顧客需要、価格感応性など不可欠な要因を考慮に入れて、営業担当者や価格コンサルタントに常に最も収益性の高い見積もりを提案します。

使用率を高め空車距離を削減

DELMIA Quintiqにより、主要部門の計画を統合して全資産のキャパシティを最適化し、低利用率をなくします。エンド ツー エンドのオペレーションの可視化により、コスト管理と資産のROIを改善できます。