公共交通機関

公共交通機関計画の複雑さの克服

公共交通機関業者では、相反する需要をうまく均衡させる必要があります。乗客や地方自治体は、公共交通サービスとは安全で信頼性が高く手頃な料金で利用できるものと考えています。乗客は運用効率を求め、従業員は、会社が労働規制を遵守し、一人ひとりのニーズや希望を採り入れることを期待します。


DELMIA Quintiqにより、乗換計画担当者は、時刻表だけでなく、すべてのリソースの使用率を最適化できます。統合された一つのソリューションを使用して、全社規模で戦略計画、戦術計画、運用計画をまとめることが可能です。サービス提供、従業員満足度、顧客満足度の各目標を定義すると、DELMIA Quintiqにより、それらの目標に即した計画策定に必要なサポートとインサイトがもたらされます。


主な機能とメリットは以下の通りです。

  • 顧客満足度と効率性を平衡化した需要主導型の時刻表の作成

 

  • 従業員の希望を取り入れ、満足度と定着率を向上

 

  • リソース使用率の最適化

 

  • 乗務員のスキル、ルートに関する知識、拠点、本人の希望を反映した計画の策定
  • 突発的事象にリアルタイムで効率的に対処
  • 保守業務によるサービス中断を最小限に抑制

燃料費の高騰の影響で利益が減少するリスクを緩和

公共交通機関業者にとって、燃料費の高騰にはメリットとデメリットがあります。燃料費が上がると、公共交通機関の利用者は増えます。売上は増加するものの、全車両の1マイルあたりのコストも上昇します。DELMIA Quintiqでは、考えられるルートと時刻表を検証して、最も収益性が高く、KPIに沿ったルートと時刻表を特定できます。さらに、そのルートと時刻表を最適化し、燃料費(結果としてガス排出量も)やアイドル時間を最小化し、需要に対応し、リソースの有効活用も実現します。

リアルタイム・データ

あらゆるリソースの使用率と現状に関する貴重なデータを取得し、正確な意思決定をサポートします。

保守の最適化

保守スケジュールを最適化し、時刻表と車両に与える影響を最小限に抑えます。

KPI分析

KPIを分析して、計画がビジネス目標に与える影響を把握します。

構成可能

カスタマイズ可能なインターフェースにより、複数の計画担当者の様々なニーズに対応します。

シナリオ・プランニング

DELMIA Quintiqのシナリオ・プランニング機能を使用して、新しい路線や車両に対する投資の潜在的な収益をはじめ、新しい規制や人口動態の変化などの影響を検討できます。