BIOVIA ポリマー・古典シミュレーション

孤立分子鎖または結晶性およびアモルファスバルクポリマーのモデルを構築

Materials Studio のポリマー・モデリングおよびシミュレーション・ソフトウェアにより、孤立分子鎖、結晶、アモルファス構造を構築できます。溶解度、混合性、凝集性、ぬれ性、機械的特性、拡散および表面への粘着性などの主要な特性を予測できます。用途として、塗装およびコーティング、潤滑、食品パッケージ、ゲル、接着剤があります。

  • Amorphous Cell: 汎用的な計算ツールとして用いられ、特に液体と非結晶ポリマーについて、分子の特性と挙動の理解を深めます。凝集エネルギー密度、状態方程式の挙動、分子鎖の充填、分子鎖の局所運動などの特性を予測し、調査します。
  • Blends: 液体-液体、ポリマー-ポリマー、ポリマー-添加剤混合物の相図と相互作用パラメーターを予測し、混合物および組成の挙動に影響する構造要因を調査します。
  • COMPASS: 孤立状態および凝縮相における多様な分子の構造、立体構造、振動、熱物理の特性を、さまざまな温度と圧力の下で、正確かつ同時に予測します。
  • Conformers: 分子の立体構造と柔軟性を特性化し、形状およびエネルギー上の特性を把握し、形状と特性の関係を探索します。結晶化、触媒作用、ポリマー調査などの多くの分野で利用されています。
  • Forcite: この高度な古典分子力学ツールは、分子および周期系において素早いエネルギー計算と信頼できる構造最適化を実行します。
  • Forcite Plus: Forcite の古典シミュレーション・ツールを拡張したもので、分子動力学、アニール法などの動力学プロトコル、解析ツールが含まれます。
  • GULP: 材料と特性の範囲を拡張し、シェルモデルによるイオン系、原子挿入法による金属系、分子力学的力場による共有結合系まで、さまざまな材料の力場で調査できます。
  • Mesocite: 粗視化分子動力学と散逸粒子動力学(DPD)を使用して、構造材料をメソスケールで調査します。
  • MesoDyn: ポリマー溶融体やポリマー混合物など、中規模構造の動的性質を調査します。
  • Synthia: 高度な Quantitative Structure-Property Relationships (QSPRs)を使用してポリマーの特性を計算し、候補のポリマーを迅速にスクリーニングして、多様な特性や共重合体混合物の特性予測を実現します。