お問い合わせはこちら

モデリングとシミュレーション

現実を把握するために仮想世界を探索

R&Dの生産性が低下したとき、増加する消費者ニーズに追いつくため、組織は独創的な発想を迫られます。そうした状況下で、物理的な実験のみに頼っているのは、経済的にみて持続可能ではありません。自社の製品がプロジェクトやビジネスの目標とより良く結びつく方法、そしてその根拠のいずれについても、研究者は理解を深めていく必要があります。

モデリングやシミュレーションを実施することで、製品性能を支える基本的核心となる相互作用についてスナップショットを得られるようになります。 コンピューター上で テストを行えば、最小リスクと低コストで構想をテストして、検討すべきアイデアの新たな可能性を開くことができます。仮想世界と現実世界を結びつけることにより、物理的テストにつながる仮想テスト、そしてその逆も行うことができ、プロジェクトをより適切にリードできるようになります。その結果、チームのパフォーマンスが向上し、より安全で費用対効果の高い製品を開発できるようになり、治療成績の向上にもつながります。

主なメリット

  • 仮想テストと製品の最適化に向けた広範かつ信頼性あるモデリングとシミュレーション・エンジンの活用
  • コストのかかる実験を実装する前に コンピューター上で 仮説を調査してテスト
  • プロセス自動化に向けたオープンで拡張可能なフレームワークの活用と、カスタム・ワークフローの作成および展開
  • 実験をシミュレーションし、ラボで起きていることを深く理解