Jan 31 2002

TransCAT、Dassault SystemesのSoftware Community Programに参画

VDAFS-Processor CAA V5 BasedとQ-Checker CAA V5 BasedをCATIA V5に統合

Paris (France), January 31, 2002 - Dassault Systemes (Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY. PA)は2002年1月31日、Dassault Systemesとビジネス、ソフトウエアの両分野で永年パートナー関係にあるTransCATがSoftware Community Programにパートナーとして参画したことを発表しました。今回の同意によりTransCATは、「V5 Knowledgeware」のインフラ部分を強化する2つの製品の開発と販売をおこなっていきます。同社は、CATIA V5のデータ品質チェック機能を提供、これにより3d PLMユーザーは業界標準への完全準拠が可能となります。「VDAFS-Processor CAA V5 Based」および「Q-Checker CAA V5 Based」は、企業間、サプライヤー間、そしてOEM内のシームレスな高品質データの交換を保証します。 <br/>

Dassault SystemesがV5アーキテクチャを通して提供する最先端ナレッジ・プラットフォームは、一般的なルールとチェックの定義、ベストプラクティスに準拠しているかどうかの検証、また3d PLMエクステンディッド・エンタープライズ(サプライヤーも含めた拡張企業環境)内で、データ品質チェックを簡単に実行し品質を向上させる上で、ユニークな方法を提供しています。このナレッジウエア・ポートフォリオにおいて「CATIA Knowledge Expert2」は、ルールチェック機能を提供するV5の標準オファリングで、ユーザーはルール主導のデータベースを構築、自社ナレッジを共有することが可能となり、また特定のサプライヤー、ヒーリング・プロセス、そして品質関連レポート生成などへと適用することができます。 <br/>

今回のパートナーシップを通して、TransCATは「VDAFS-Processor CAA V5 Based」と「Q-Checker CAA V5 Based」の開発にあたり、V5アーキテクチャをフルに活用していきます。 <br/>

1つ目の製品となる「VDAFS-Processor CAA V5 Based」は、VDAFS-2.0標準に準拠しており、3D CATIA V5モデル(ワイヤーフレーム、サーフェス、そしてソリッドジオメトリー)のインポートおよびエクスポートをサポートします。このVDAFS-2.0標準はドイツ自動車業界の主要要件を反映しており、全CADシステムとアプリケーション間のシームレスなデータ交換やデータ品質規格をサポートし、データ品質が保証されるほか設計変更時の無駄な時間を防ぎます。この製品はオープンV5アーキテクチャをベースに、CATIA V5と完全に統合され、容易で直感的、そしてシンプルな双方向利用、もしくはバッチデータ転送を提供します。 <br/>

二つ目の製品である「Q-Checker V5 Based」により、V5ナレッジ上に規格品質ルールを設定し、国際ジオメトリー品質標準(VDA 4955、JAMA、AIAG)に準拠したチェック機能、および企業独自の基準(レイヤー分配、名称設定など)を提供します。 <br/>

これらへの準拠を保証することで、Q-Checkerはデータの検証および認証を支援し、サプライチェーン間の下流アプリケーションとOEMおよびサプライヤー間での必須な品質管理作業を軽減します。このようにQ-Checkerは、サプライチェーンに沿ったデータ交換の前後、および安全なコンカレント・エンジニアリングを保障する設計変更の間に使用できます。 <br/>

DSのナレッジウエア製品とTransCAT V5アプリケーションの組み合わせにより、ユーザーはデータ品質保証プロセス管理までを包括するユニークなナレッジベース環境のメリットを享受することになります。例えばQ-Checkerに接続したKnowledge Expert P2を利用した場合、ユーザーはQ-Checkerによる自社ルール約200のチェック基準を強化し、それらルールを同時に検証することができます。ナレッジウエアに統合したプラットフォームにより、V5は様々な分野のルール基準をとりこみ、業界レベル検証ツールを提供できるというV5データ品質環境を提供します。 <br/>

DaimlerChryslerのMercedes-Benz passenger car division、EP/QDN、Team manager design and geometry examinationのKlaus-Dieter Gronauは、「我々は、DaimlerChrysler Mercedes-Benz passenger car divisionにおいて、長い間TransCATのチェックソフトウエアを利用している。Q-CheckerのCATIA V5への統合は、生産性向上の達成に向けた機会増加を意味する。それは、完璧な品質準拠を保証し、設計変更における時間を削減する。」と述べています。<br/>

Products TransCAT GmbH & Co. KGのVice PresidentであるWolfgang Winstelは、「V5アーキテクチャは我々のデータ品質チェッカーに最もパワフルなナレッジベースのプラットフォームを提供する。我々は、チェックとルールを定義する提供された機能を信頼することで、CATIA V5に200のジオメトリーとチェック構造をもたらすというパーフェクトな環境を持つことになる。」と述べています。<br/>

Dassault SystemesのCATIA R&D、Jacques Leveillé-Nizerolleは、「ナレッジウエア・コンテンツを提供することで、TransCATは、品質保証および生産性と最終製品の品質両方に多大なる影響を与える顧客のエクステンディッド・エンタープライズ内におけるシームレスなデータ交換を展開するユニークなナレッジ環境プラットフォーム上に独創的な品質ツールパッケージを投入する。」と述べています。