Jul 07 2016

歯科インプラントのリーディング企業オステム、ダッソー・システムズの医療機器向けインダストリー・ソリューションエクスペリエンスを採用

3Dエクスペリエンス・プラットフォームが グローバルでの事業拡大を向けたイノベーションの推進と 規制対応業務に要する時間の短縮に貢献

2016 年6月28日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、医療機器技術開発メーカーであるオステムインプラント (Osstem Implant) が、歯科インプラント・ソリューションにおける同社のグローバルな市場シェアを拡大するため、ダッソー・システムズの「医療機器向けライセンス・トゥー・キュア」インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを活用していることを発表しました。

医療機器業界では、安全や品質、製品リコールなどの課題に対し、規制当局による監視が厳格になっています。その結果、多くの企業は、新製品の開発よりも規制対応業務により多くの研究開発費を投じなければならない状況にあります。

オステムインプラントは米国と韓国に製造拠点を有し、全世界各国に22のオフィスを展開しています。同社は市場シェアの拡大に向けて、規制要件への対応とイノベーションの推進を両立する方法を模索していました。具体的には、米国食品医薬品局 (FDA) などの規制認可機関に提出する医療機器の個体識別 (UDI) 、設計変更および品質保証情報を管理するための統合デジタルプラットフォームを求めていました。

ダッソー・システムズ の医療機器・医薬品業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスである「医療機器向けライセンス・トゥー・キュア」は、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤としています。各部門のコラボレーションを促進する統合ビジネスフレームワークを提供し、企業が革新的で安全、かつ規制に完全に準拠した医療機器を提供できるよう支援します。オステムインプラントは、これまで社内で分断されていたプロセスやデータの壁を取り払うことで必要なデータへのアクセスを一元化し、かつ諸規制に準拠し、品質管理にも直結する一気通貫型の製品開発プロセスを、トレーサビリティ (追跡可能性) の確保と両立しながら実現しました。これによって、市場投入期間を短縮し、規制対応のための諸経費を最小限に抑えることができます。

オステムインプラントのヘッド・オブ・インフォメーション・システム・マネジメント・チームのTae-Yong Kim氏は次のように述べています。「グローバル環境での事業拡大に向けて、当社は各市場の異なる要件を満たさなければならず、その中で規制対応業務と新規製品開発をより効果的に管理するために、ダッソー・システムズの『医療機器向けライセンス・トゥー・キュア』を採用しました。これによって当社は、歯科インプラント・ソリューションの製品開発とプロジェクト管理をより効率的に進め、法規制に関する申請プロセスを合理化できます」

ダッソー・システムズの医療機器・医薬品業界担当バイス・プレジデントであるジャン・コロンベルは次のように述べています。「『医療機器向けライセンス・トゥー・キュア』インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスは、規制対応業務を、企業にとっての制約事項から資産へと転換し、品質やコンプライアンスに関連する業務を最適化すると共に、コスト削減と市場投入期間の短縮を実現します。コラボレーションを促進し、プロセス全体を通じての完全なトレーサビリティを確保しながら、品質や規制などに関わるコンプライアンスを遵守した製品開発プロセスにより、企業は医療機器開発のプロジェクトにまつわる諸課題に対処し、人の健康のための高度なソリューションの開発を促進することができます」

ダッソー・システムズの医療機器・医薬品業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細はこちらをご覧ください:

訳注:本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳(抄訳)したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。