Oct 29 2002

IBMとDassault Systemes、

ENOVIA V5R10、サプライ・チェーン全体の製品データ交換を強化



Paris, France - October 29, 2002 - IBMとDassault Systemes (Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は2002年10月29日、コラボレーティブ・製品データ管理におけるリーディング製品ライフサイクル管理ソリューションであるENOVIA Version 5 Release 10(V5R10)を発表しました。グローバル・リリースとなるV5R10 PLM(CATIAとSMARTEAMを含む)とDassault SystemesのDELMIAソリューションの一部として、ENOVIA V5R10は、コラボレーティブ製品ライフサイクル管理と意思決定におけるベスト・プラクティスを実現します。

ENOVIA V5R10は、サプライ・チェーンに渡る製品定義の交換を強化し、V5R10゛Connected by Knowledge"の基本コンセプトを実現します。ENOVIA V5R10は、パフォーマンスと拡張性の向上、完全なトップ・ダウンによる製品設計を可能にする新製品VPDMベスト・プラクティス、企業標準のWEBサイトで使用される新製品3D webビューワー、新製品CATIA-ENOVIAワーク・パッケージ・エクスチェンジによるENOVIA VPMおよびENOVIA LCA製品のサプライ・チェーン・サポートが強化されました。

ENOVIA Corp.のCEOであるJoel Lemkeは、「我々のお客様は、厳しい時間的およびコスト的制約の下、数千社に及ぶサプライヤーの設計変更に対処しなければならない。ENOVIA V5R10は、イノベーション・プロセス、設計コラボレーションのサポート、そしてトップ・ダウン設計のような業界ベスト・プラクティスの継続的な向上をもたらします。その結果、より優れた製品をより短期間で出荷し、コスト削減のみならず売上を伸ばすイノベーション・プロセスを実現する」と述べています。

ENOVIA V5R10 - お客様にとっての価値

下記のENOVIA V5R10の製品および機能拡張は、3D PLMの5種類の基本項目に基づいて分類されています。この基本項目は、顧客企業に価値をもたらすプロダクト・ライフサイクル・マネージメント(PLM)ビジネス・モデルの中核となる要素です。

プロセス指向:業界に特化したプロセスをベースにしたカスタマー・ソリューション

  • 抽出構造と再利用可能なサブシステム・テンプレートを使用する完全なトップ・ダウンの製品設計によって、ENOVIA V5 VPMのバーチャル・プロダクト・ディフィニションのベスト・プラクティス機能が強化されました。
  • ワークフロー・インテグレーションを促進し、ビジネス・マネージメント・ルールのコントロールを改善することによって、ENOVIA V5 IP Lifecycle & Managementの製品ライフサイクル全般にわたるビジネス・プロセスのサポートが強化されました。
  • ユーザー専用のホームページに、共通で利用するオブジェクトやタスクへのハイパーリンクを埋め込むことによって、製品開発プロセスの効率化が図られています。

<p/>

コラボレーティブ・ワークスペース:共有、リアルタイム3D作業環境を提供

  • スタンド・アロンでCATIAまたはSMARTEAMをサプライヤーが使用している場合、シームレスな製品定義「ワーク・パッケージ」エクスチェンジによって、OEMメーカーとそのサプライヤー間に、よりコラボレーティブな製品開発環境を提供します。つまり、サプライヤーがENOVIAを使用していなくてもCATIAさえ使用していれば、OEMメーカーはそのサプライヤーとENOVIA製品構造に関するデータや定義の受け渡しや照合が可能となります。
  • 企業の標準的なWEBサイトに使用する3D WEBビューワーによって、3D製品情報へのインテグレーションやアクセスが容易になりました。

<p/>

プロダクト、プロセス、リソース・モデル(PPR):製品開発、ビジネス・プロセス、そしてリソースの統合

  • ENOVIA V5とDELMIA間のナレッジ・シェアリング機能を向上し、コンカレントな製品と製造プロセス・エンジニアリングが強化されました。
  • ENOVIA V5に内在するCATIA V4/V5のCATIA V4セッションにより、CATIA V4からCATIA V5への移行がENOVIA V5 VPM環境でサポートされました。
  • 異なるエンタープライズ・システムへ接続できるPPR Hub Gatewayが導入されました。

<p/>

ナレッジ:情報の獲得、共有、そして再利用

  • CATIA V5-ENOVIAVPMインターオペラビリティとナレッジ・シェアリングを強化し、システム・エンジニアリング指向の設計機能が拡張されました。
  • Portal DMUキネマティクス・インテグレーションにENOVIA VPMに統合することによって、デジタル・モックアップ・シミュレーションが改善されました。
  • Portal DMUのボリュームおよび測定分析機能の向上により、製品分析機能が強化されました。

<p/>

CAA V5:独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)による他のPLMソリューションの開発を促進

  • ファイル-ボールト・ロード・バランシングが、システム容量を拡張。
  • ENOVIA V5の新ファイアウォール・トンネル機能によって、社外とのコラボレーションのサポートが強化されました(ファイアウォールを通過する機能が改善されました)。
  • ENOVIA V5では、全体的なシステム性能が強化され、個々のサーバー容量が拡張されました。

<p/>

###