Oct 20 2017

オーストリアのEVスタートアップ、クライゼル・エレクトリックが事業の成長に向けて、ダッソー・システムズを採用

• 輸送・モビリティ分野全体でEV化を目指すスタートアップ企業
• 3DEXPERIENCE プラットフォームを活用し、バッテリーシステムや電気駆動系での大手パートナー各社との共同開発プロジェクトを推進
• 型破りなスタートアップ企業がめざす自動車業界のEVシフトをバーチャル技術で支援

2017 年9月19日 - 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発 日本語参考訳 - ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は、電気モビリティのスタートアップ企業であるクライゼル・エレクトリックが、いちはやく事業を成長させるために、3DEXPERIENCE プラットフォームを採用したことを発表しました。同社の革新的なバッテリーシステムや電気ドライブトレイン ソリューションは、自動車業界のパートナー各社による需要を急速に伸ばしています。

クライゼル・エレクトリックでは、軽量・小型かつ高性能なバッテリーソリューション、ドライブトレイン、充電技術、ソフトウェアの開発と市場投入に、ダッソー・システムズの「エレクトロ・モビリティー・アクセラレータ」インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを活用しています。クライゼル・エレクトリックは、自動車、バス、商用車、自転車、スクーターなど、輸送・モビリティの全分野に電気駆動系を搭載することを目標としています。

オーストリアのスタートアップ企業であるクライゼル・エレクトリックは、先頃、完全自動化された生産ラインを備えた6,200 平方メートルの工場を新設しました。同施設にダッソー・システムズのソリューションを展開することで、コラボレーション環境内でのバーチャルなプロジェクト管理、あらゆる電装製品や機構製品のコンポーネント設計とシミュレーション、その性能のシミュレーションと検証、リーン製造工程の設計など、さまざまなチームの業務を支援しています。また、走行距離 40 万キロメートルに相当する寿命のバッテリーパックの大量生産も可能になりました。これは、現時点で最軽量かつ最高の安全性と効率性を備えたバッテリーの一つです。

「OEM も一次サプライヤーも当社のイノベーションに期待を寄せています。そうしたニーズに応える製品を生み出すと同時に、事業も拡大していかなければなりません。当社は3 人兄弟で設立した従業員 70 人の若い会社ではありますが、積極的に人員を増強しながら、効率性に優れた国際的なサプライヤーに成長したいと考えています」と、クライゼル・エレクトリックの CEO であるマルクス・クライゼル氏は述べています。「ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォームを活用すると、早い段階で調達プロセスに入ることができます。そのおかげで、開発プロセスの所要期間が 1~2ヵ月も短縮されました」

「自動車業界は急激な転換期を迎えています。今までの常識を打ち破るようなスタートアップ企業が登場していることに加え、政府や大手メーカーが電気自動車とハイブリッド車を対象とした今後数十年間の奨励策を打ち出しているためです」と、ダッソー・システムズの自動車・輸送機械・モビリティ業界担当バイス・プレジデントであるオリビエ・サパンは述べています。「3DEXPERIENCE プラットフォームは、クライゼル・エレクトリックのようなスタートアップ企業に価値をもたらします。新しい車両のコンセプトを考案し、実現性をいち早く検証できるため、こうした転換の中でも一層の存在感を示していただけるのです。その結果、電気自動車の普及に合わせて、長期的な成長も加速されることになります」


詳しくはこちら:
ダッソー・システムズの自動車・輸送機械・モビリティ業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス

ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter   Facebook   LinkedIn   YouTube  公式ブログ