Apr 02 2002

オペル、DELMIAでデジタルファクトリを構築

 

Troy, Michigan, USA - April 2, 2002 - 工場全体をデジタル化する、未来のビジョンの実現はすぐそこまできています。そこにはe-マニュファクチャリングソリューション・プロバイダとしてのDELMIAの存在があります。 <br/>

 

 

ドイツの大手自動車メーカー、Adam Opel AG (以下、オペル)Russelsheim(ルッセルスハイム)工場において、その具体的な適用が行われており、究極のゴールである「バーチャルファクトリー」が現実のものとなりつつあります。ここでは十分な訓練が施されたエンジニアたちが「現実世界」と「仮想世界」両面からダイナミックな世界マーケットに向けた低コスト車の開発に取り組んでいます。 <br/>

 

 

仮想環境における生産には、デジタルモデルを用いた生産システム、工場全体に対する計画、評価が含まれます。オペルでは担当者全てが、バーチャルリアリティ技術の形で、統合データ管理システムのもとシミュレーション技術を共有化しています。<br/>

 

 

近い将来、オペルは流通や生産技術プロセスなどの詳細部分までを含めた製品生産がこの仮想環境で実現できると見ています。これにより仮想環境で製品と生産技術をシミュレーションテストし、改善を加えることが可能となり、実稼動前に完璧な生産プロセスを構築することができるようになります。<br/>

 

 

2002年1月7日に量産が開始されたオペルのミドルクラスモデルのVectraを生産するルッセルスハイム新工場プロジェクトは、既存ラインを稼動させながら新ラインを立ち上げるという自動車業界初の試みを行いました。工場の建設費用は約3,900億円※注1で、3交代制の混流生産を行うこの拠点は約27万台の当工場の年間生産能力を持っています。最新テクノロジーを集結させたこの工場において、オペルは「エラ−ゼロ原理」の概念を導入しています。 <br/>

 

 

Vectra製造ラインをスムースな立ち上げるにあたり、"バケットビルド (Bucket Build)" コンセプト※注2が重要な役割を果たしています。Simply put, this approach relies on a staged, pre-production phase including many optimization cycles. <br/>

 

 

オペルは、この新工場の設計・生産計画プロセスにおいて、3次元ファクトリモデル作成と建設計画に先進シミュレーションツールをフルに活用しています。新工場設立においてこれほどまでにシミュレーション技術が活用された前例はないといえるでしょう。3次元シミュレーションツールを使い実際の工場ラインと全く同じものをバーチャルの世界で表現することにより、従来と比べ、量産前の計画段階でより確実性の高い生産ラインを構築できるようになりました。 <br/>

 

 

 

「組立工程と物流(マテリアルフロー)工程の3次元化がDELMIAに課せられた任務であった。」と、DELMIAドイツ 社長 Raimund Mengesは述べています。また、「従来のマテリアルフローシミュレーションは、限られたシミュレーション担当者のみの間で使われており、大画面プロジェクターに映し出された3次元シミュレーション結果を関係者全員で共有するなど、一般のエンジニアには思いもつかなかったことだ。」と語っています。<br/>

 

 

ルッセルスハイム工場の工程設計では、DELMIAのシミュレーションツールであるQUEST(r)、ENVISION/ERGOTM、QUEST(r)が導入されています。QUESTは3次元のデジタルファクトリを仮想環境上で構築し、プロセスフローのシミュレーションと結果の解析、またラインの確実性や適合性などを検証することができます。設備レイアウト、リソース配分、カイゼン活動、そしてスケジューリングなど様々な代替案を検討することによって、最適な生産プロセス定義が可能になります。<br/>

 

 

ENVISION/ERGOは、マニュアル作業の全ワークセルのシミュレーションに使われました。早期段階でENVISIONを使いツール設計の事前検証を行うことにより、作業上問題があるようなツールの設計やり直しがなくなり、時間とコストの削減に成功しています。そしてロボットシミュレーションとオフラインプログラミングソリューションであるIGRIPは、おもにパネルのレーザー溶接、そして各ステーション間でのパネル搬送用に工場内に設置されている約600台のロボットの解析に使われていました。 <br/>

 

 

3次元ビジュアライゼーションシステムは、プロジェクト立案者と経営トップ間のコミュニケーションツールとして非常に重要であるということが証明されました。それと同時にオペルでは、サプライヤーとの協業プロジェクトにおいて、それぞれのタスクを紐付けして管理するという非常に斬新な試みがなされました。 <br/>