Mar 26 2005

Vision Numeric、 Dassault SystemesのSoftware Community Programに参画

Vision Numeric、工業用製版と彫刻分野で
増え続ける要件に最適なCATIA V5統合ソリューションを提供

Paris (France), March 26, 2002 - Dassault Systemes (Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は2002年3月26日、工業用製版および彫刻分野におけるリーディングソフトウエア・プロバイダーであるVision Numeric SAが、Software Community Programにパートナーとして参画したことを発表しました。この同意により、Vision Numericは金型メーカー、包装産業、宝石業界向けに「スタイリングから製造まで」を行うエンドツーエンドな3D PLMソリューションのコンポーネントを開発、販売することになります。Vision Numericは、工業製版および彫刻分野での増え続ける要件に対応できるCATIA V5統合ソリューションを提供します。Dassault Systemesは、パートナー企業と共に、上記の産業分野において最も包括的なソリューションであるV5テクノロジを構築しています。

 

Vision Numericには、グラフィカル・オブジェクトと活字製版、特に、宝石、時計製造、服飾、香水、食器具産業の設計と製造におけるコンピュータ・ソフトウェア開発に対するニーズに対し、蓄積された膨大な専門技術とノウハウをもっています。Vision Numericのソリューションは、コミュニケーション・メッセージを創造するグラフィック・アート・デザイナーと、完成品を製造する専門の加工技術者の間を橋渡しする重要なステップを担います。同社はV5統合アプリケーションを開発し、CATIA V5の顧客へ、使いやすい製版および彫刻機能を提供します。"Type3 CAA V5 Based"と呼ばれるこの製品は、設計者および金型メーカーに向けられたもので、工業用部品の形状、デザイン、ロゴをいれてコミュニケーションを向上させる、また製品識別のために正確なロゴやテキスト、番号、あるいはロゴを挿入する使用目的があります。CATIA V5の顧客は、パワフルでグラフィカルかつアート性のある2D&3Dコンポジション機能、取り込みフォーマット(グラフィカルおよびメカニカルの両方)やプラグインTwainスキャナの使用などの恩恵を得ることができます。さらに、さまざまな3Dアーティスティック・デザイン(Type Art)も利用可能です。

CATIA V5は、次世代ユーザー・インターフェース、ハイブリッド・モデリング、直感的なダイナミック・サーフェス彫刻、そしてフルスケールのデジタル・モックアップ環境における複雑形状をともなう先進3D設計など、既に消費財産業で注目を浴びています。Dassault Systemesのソリューションは、「スタイリングから製造まで」のプロセスをエンドツーエンドにカバーし、コンセプト評価の迅速化や、スタイル変更を型設計と製造への迅速な反映を可能にし、イノベーションの向上、タイムツーマーケットの短縮、そして顧客要求への対応を実現します。

 

CATIA V5と"Type3 CAA V5 Based"の組み合わせは、設計に工業製版および彫刻分野で増え続ける要件に対応するためのベストソリューションを提供します。これにより、設計および製造プロセスを合理化し、製造にかかる費用効率を大幅に改善することができます。同時に、作品の真のアーティスティックな面を維持することもできます。

Dassault SystemesのShape Design & Styling Solutions DirectorであるPhilippe Lauferは、 「Dassault SystemesはVision Numericのようなリーディング・カンパニーとのパートナーシップを通して、消費財産業のニーズに応えることをコミットする。 " 同社は、『すべての人に、いつでも、どこからでも3Dのパワーを提供』という我々の戦略に完全に一致する一流のソリューションを提供する。だからこそ、工業用製品および部品を通したコミュニケーションや広告の増え続ける需要に対応することができるのです。Vision Numericとの提携は、V5が、グローバルな消費財市場で展開する3D PLMソフトウェア開発においてスタンダードであるということを確証するものだ。」 と述べています。