Dec 02 2015

ダッソー・システムズ、CES2016に出展3Dエクスペリエンスの実例を紹介

より快適な消費者エクスペリエンスの実現に向けた取り組みの数々

2015 年11月24日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、コンシューマ・エレクトロニクス分野では世界最大の見本市であるCES 2016 (2016年1月6日~9日、米国ネバダ州ラスベガス) へ出展することを発表しました。ダッソー・システムズのブースでは、家電のあり方を刷新するような、3Dエクスペリエンスが実現する世界を紹介します。

ダッソー・システムズは、Sands Expoの3D Printing Marketplace (ホールA-C、ブース番号72731) に出展予定です。ブースでは、今日のエクスペリエンスの時代に「夢を描く、形にする、生きる (Dream, Create, Live) 」というテーマを掲げ、ビジネス、科学、社会における革新に取り組む「イノベーター」である来場者の皆様を、インタラクティブな旅へとお連れします。ブース内は3つのエリアに分かれており、来場者は、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームが、今日の最も革新的な家電製品の思考・設計・エンジニアリング、製造にどのように寄与し、これまでの枠にとらわれない消費者体験を創出しているのかを知ることができます。

「夢を描く (Dream) 」エリアでは、来場者はHTCのヘッドセットと3Dアプリケーションの組み合わせによる仮想現実 (VR: Virtual Reality) を体験し、アイデアをスケッチで描いたり、そのスケッチを実際に3Dモデルの形にして動かしてみたりできます。次に「形にする(Create) 」エリアでは、企業がどのようにして夢を形にする (=製品化する) のかを、製品開発の全ステップ (着想、設計、販売、マーケティング) をカバーするデモンストレーションを通じて体験することができます。最後に「生きる (Live) 」のエリアでは、来場者は3Dがもたらすエクスペリエンスが人々の生活をどう変えるのかを体験できます。例えば一人ひとりにあわせた家屋のカスタマイズ (personalization) から、3Dテクノロジーを併用した新しいショッピング体験、都市の未来に関する探究などです。

自動車、ヘルスケア、スマートフォン、ドローン、3Dプリンティング、IoTなど、多くの領域が絡み合いながら、まったく新しいハイテクのコンセプト群をもたらしており、それらは消費者のエクスペリエンスを刷新します。製品に力を与える半導体から、ウェアラブル・デバイスや、移動・ライフサイエンス・建設といった各領域に特化したエレクトロニクスにいたるまで、技術トレンドの急速な変化と、新製品が次から次へと市場に登場する急速なサイクルに対処するには、新しいカテゴリーの創造やそれへの適応を可能とする、設計・エンジニアリング・製造などのパワフルなアプリケーションが必要です。

ダッソー・システムズはハイテク業界各社のデジタル変革 (トランスフォーメーション) を推進しており、現実の世界でのエクスペリエンスをバーチャルな世界で模して試行する (シミュレーションする) 技術や機能を提供しています。同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、イノベーター各社が消費者に向けて、ポジティブかつ持続的な影響を与えられる、次世代のエクスペリエンス全体を生み出せるよう支援しています。

ダッソー・システムズのハイテク業界担当バイス・プレジデントであるオリビエ・リベは次のように述べています。「ソフィスティケーテッド・データ・センサーやコネクテッド・デバイスは、人間とその周囲の世界とのやりとりを一変させます。CESはビジネスやコンシューマー、エグゼクティブ、大中小さまざまな規模のメーカーからホビーユーザーまでに向けて、3Dエクスペリエンスの世界が、ソーシャル、モバイル、コネクテッドな家電の新しい時代の屋台骨になっているのかをお見せするのに絶好の場です。3Dエクスペリエンスの世界は、息を呑むような臨場感で現実の世界をバーチャル上に再現し、クリエイティブなデザインや実験的な取り組み、未来のイノベーションはどのようなもので、どう機能するのか、といった多くのヒントを得るための機会を広げます。」

ダッソー・システムズのハイテク業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細は、こちらをご参照ください。 

ダッソー・システムズのより詳細な出展概要は、こちらをご参照ください

###