Dec 15 2016

ダッソー・システムズ、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上の流体解析シミュレーションを強化

XFlowテクノロジーの開発元、Next Limit Dynamics社を買収

2016 年12月9日仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、Next Limit Dynamics社の買収に向けた正式株式買取契約に署名したことを発表しました。Next Limit Dynamics社は非常に動的な流体のシミュレーションにおいて業界をリードする技術を擁しており、その技術は航空宇宙・防衛、自動車・輸送機械、ハイテク、エネルギーなどの産業で使われています。Next Limit Dynamics社の2015年の売上げは約160万ユーロでした。

ダッソー・システムズは、Next Limit Dynamics社 (スペイン・マドリッド) の買収により、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上のマルチフィジクス・シミュレーションを実現させ、インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを拡充し、戦略的CFD (コンピュータ流体解析) 市場での足場を固めます。Next Limit Dynamics社のソフトウェア・ソリューションは、シミュレーション・アナリストが、激しい動きをする流体のシミュレーションを精確かつ堅牢に実施するために使われており、それは、CFDが扱う難しい課題を、これまでの手法と比較して、より迅速に解決するためです。Next Limit Dynamics社の顧客には、エアバス社、アイシン AW、キャタピラー、ドゥーサン、フォード、グーグルX (旧称:Google X)、本田技研工業、三菱電機、NASA、サフラン・ヘリコプター・エンジン、トヨタ自動車などがあります。

ダッソー・システムズの取締役副会長兼最高経営責任者のベルナール・シャーレスは次のように語っています。「シミュレーションによって、イノベーションを実現させようとする人々は、設計材料、アディティブ・マニュファクチャリング、IoTなど、製品と自然と生活の調和に貢献するテクノロジー要素をより進化させていくことができます。まだ若い、ダイナミックな会社であるNext Limit Dynamics社には、非常に経験豊富なR&Dチームと先進的なCFD手法があり、それらがマルチフィジクス、マルチスケールを志向する3Dエクスペリエンス・プラットフォームに実装されることで、イノベーション・プロセスががらりと変わるでしょう」

リアリスティック・シミュレーション ― 製品の開発初期のコンセプトづくりから後期の検証までも必要となる技術 ― は、企業が持続可能性を踏まえた消費者エクスペリエンスを生み出す上で、必要不可欠です。Next Limit Dynamics社の技術は、複雑な設計が流体 (たとえば自動車の走行時の空気の流れ、航空機のランディング・ギア〔着陸装置〕から生じる空気抵抗音、複雑なドライブトレーンの潤滑油) に接したときの性能の変化を予測し、性能を向上させるために使われています。この方法論は、自動車の燃費向上や排気ガスの抑制、航空機の環境騒音の低減、風力発電の高効率化に貢献しています。

Next Limit Dynamics社のジェネラル・マネージャーであるデビッド・ホルマンは次のように述べています。「10年近く、当社は格子ボルツマン法をベースとした独自のシミュレーション製品、『XFlow』の開発を続けてきました。CFDの適用可能性を、多種多様な産業の、チャレンジングなアプリケーションに向けて広げるためです。現在、私たちの身の回りの製品はいっそう洗練されてきており、工学上の課題もどんどん複雑なものになってきています。(こうした製品のために) 従来型のCFDアプローチをとる場合には、通常は準備作業に非常に時間をかけなければなりませんが、これまでの常識を破壊するような当社の方法論では、その必要がありません。エンジニアの負担が減るため、その分設計の評価や最適化により長い時間をあてられるようになります。ダッソー・システムズの一員として、当社の技術は、これら現代の製品が抱える『複雑性』という課題により適切に対処し、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム利用するエンジニアの業務を支援します」

買収取引は2016年12月7日に完了しました。

訳注:本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳 (抄訳) したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。