Aug 01 2016

ダッソー・システムズが技術協力するソーラー・インパルスが、世界一周飛行を達成

化石燃料を使わずに、のべ4万3千キロ、558時間、17回の飛行に成功

2016年7月26日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) が技術支援しているソーラー・インパルス・チームが、化石燃料を一切使わない「無燃料・無補給」の世界一周飛行を達成しました。ソーラー飛行機「ソーラー・インパルス2」は、2015年3月9日にアブダビ (アラブ首長国連邦) を出発し、計17回のフライト (飛行距離の合計4万3千キロメートル) を経て、2016年7月26日にアブダビ (アラブ首長国連邦) に帰還しました。

ダッソー・システムズの取締役副会長兼最高経営責任者 (CEO) 、ベルナール・シャーレスは次のように語っています。「誰もが不可能と考えていた飛行機を作り上げ飛ばすために、設計プロジェクトと共同努力に12年間という時間をかけ、その到達点に (私どもも) 立ち会えるというのは、言葉にできないほどの経験です。夢を追い求め、航空の限界を押し広げ、過去のパイオニアたちの創意工夫を敷衍し・・・歴史に残る偉業を成し遂げた、パイロットのアンドレ・ボルシュベルグとベルトラン・ピカール、そしてソーラー・インパルス・チームの全員に心からお祝いを申し上げます。彼らは、航空のみならず我々の地球の未来に向けた持続可能なソリューションのあり方を示してくれました。イノベーションへの情熱が、不可能を可能にするのです」

ソーラー・インパルス・チームは、太陽光だけで飛行する航空機を作るために、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とするインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス、「エンジニアド・トゥー・フライ」を使用しました。「エンジニアド・トゥー・フライ」は、複雑な構造や複合材の使用に対処するための3Dモデリング用のアプリケーション、デジタル・シミュレーション、完全なデータ・トレーサビリティ機能などから成ります。本番の飛行前に、バーチャル空間の中で、現実の条件下でどのような飛行が可能になるかを試行できるため、飛行の成功に貢献します。

より詳しい情報は下記をご参照ください。

 

訳注:本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳(抄訳)したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。

###