Sep 30 2003

Dassault SystèmesとFluent、 CAA V5ソフトウエア・パートナー契約を締結

Fluent、CATIA V5環境で流体 シミュレーションを提供

Seattle, USA and Paris, France - September 30, 2003 - Dassault Systèmes (NASDAQ: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は2003年9月30日、数値流体力学(CFD)ソフトウエアのリーディングカンパニーであるFluent社と戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。Fluentは、CAA V5ソフトウエア・パートナーとしてソフトウエア・コミュニティ・プログラムに参画し、Dassault Systèmesのコンポーネント・アプリケーション・アーキテクチャ(CAA V5)をベースとしたCFDソリューションの開発、マーケティング、そして販売を行います。このパートナーシップにより、Fluentの提供するソリューションは既存のV5解析ソリューション群を補完するものとなり、V5ユーザーはCATIA® V5環境上で流体シミュレーションが可能になります。

Dassault Systèmes V5プロダクト・ライフサイクル・マネージメント(PLM)シミュレーション・ソリューションは、直感的かつユーザーフレンドリーなコラボレーティブ環境を実現、迅速な「設計、解析間のイタレーション」を支援するユニークなナレッジベースの解析ツール群を提供しています。このパートナーシップにより、主なFluent CFDテクノロジーが、CATIA V5のモデリング力と緊密に統合され、V5 PLMシミュレーションの核となる部分を強化します。Fluentは、Dassault Systèmes PLMソリューションの機能を流体解析の分野まで拡大させ、電機電子(E&E)、航空宇宙、そして自動車業界のお客様が直面する課題に対応していきます。当面の製品化計画には、CAA V5ベースの流体シミュレーション・ソリューションである「Fluent/FloWizard for CATIA V5」が含まれます。

ユーザーは、CFD解析モデルをCATIA V5環境上で生成することが可能になります。設計と解析モデル間のアソシアティビティを保持することで、FluentのCAA V5ベースの製品は、反復解析による設計に必要な時間を短縮し、より容易に流体解析を製品最適化に活用することが可能となります。この新「Fluent/FloWizard for CATIA V5」ソフトウエアは、業界標準のCFDソルバーであるFLUENT 6.xを使用しており、Fluentのあらゆるテクノロジーへの無制限アクセスを提供します。これにより設計者は、プロダクト・ライフサイクルの初期段階における熱流体シミュレーションを実行することが可能となり、その結果、«フロー・クリティカル»プロセスをサポートします。またユーザーは、高品質設計およびタイム・ツー・マーケットの短縮、最終的には製品開発コストの削減を実現することができます。CATIA V5内での統合は、使い易さを実現、そして設計者のラーニングカーブが向上します。

Dassault Systèmesのdirector Research & Development, CATIA SimulationであるSéverin Lanfranchiは、「CFD分野におけるリーダーであるFluentは、設計プロセスへのCFD統合を強力に推し進め成功を収めている。Dassault Systèmes PLMソリューションとFluent/Wizaed for CATIA V5の最強PLMソリューション群と流体シミュレーションテクノロジーの組み合わせにより、多くのメリットをCATIA V5ユーザーにもたらすだろう。これにより顧客企業は、解析プロセスの効率化とCFDシミュレーションのより広範な活用を実現できるようになるだろう。」と述べています。

FluentのpresidentであるDr. Ferit Boysanは、「FluentテクノロジーとCATIA V5環境の統合は、顧客企業が設計プロセスにCFDを首尾よく展開することを支援するというFluentのミッションの一環だ。我々は、CFDテクノロジー分野でDassault Systèmesと協業できることを非常に喜ばしく思い、また両社共通の顧客企業に高度なバリューを提供できることを楽しみにしている。」と述べています。_