Jun 11 2002

Dassault Systemes、3D PLM Version 5 Release 9を発表

V5R9でモーフィングを実現
製品開発を加速する画期的なビジネス・プラクティスを提供

 

Paris, France - June 11, 2002 - Dassault Systemes (NASDAQ: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は2002年6月11日、最新のプロダクト・ライフサイクル・マネージメント・ソリューションである3D PLM Version 5 Release 9 (V5R9)を発表しました。V5R9は、既存の設計データそしてテンプレートを新スペックと組み合わせ、独自の、フル構造をもつ製品および製造システムを形成するという画期的なモーフィングを実現するソリューション群を提供します。モーフィングは、製品と製造システム開発を劇的に加速し、過去の経験を最大限に生かす次世代の設計データとナレッジの再利用を引き出します。

 

V5R9は、あらゆる規模、業種の企業を対象としています。マルチCAD、プロダクト・データ・マネージメント(PDM)、そして他のビジネスシステムとのインターオペラビリティは、既存のソリューション環境内における展開とインテグレーションを加速します。2002年6月26日より出荷を開始する(日本における出荷時期と異なる)この新リリースは、4ブランドで計374製品:CATIA(129製品)、DELMIA(130製品)、ENOVIA(89製品)、そしてSMARTEAM(26製品)となります。

Dassault SystemesのPresident and CEOであるBernard Charlèsは、「V5R9でのモーフィングの投入によって、我々は3D PLMソリューションの独自性と可能性を再度実証する。我々はV5R8で3D PLMのベンチマークを確立した。V5R9の画期的なモーフィング機能提供は、モーフィング・コンセプトを開発期間とコストの劇的削減、業界競争力強化のキーとしてとらえているお客様とのワールドレベルのパートナーシップの結果である。」と述べています。

 

モーフィング

 

 

Dassault Systemesのデジタル・モックアップ(DMU)テクノロジーのリーダーとしてのポジションをベースとして、V5R9は自動でインテリジェントなモーフィングを顧客企業に提供。これによりプロダクト・ライフサイクル・マネージメントにおける新たなる世界を切り開きます。モーフィングは、過去の開発プログラムおよび(または)、既存テンプレートを使った新開発プログラム仕様を組み合わせたものが含まれ、この情報の組み合わせは、製品開発プログラム環境の新規設計に変換されます。ビジネス要件および技術要件、社内標準と過去の経験との整合性を維持するため、この変換のプロセスにおいて、ナレッジモデルが適用されます。最終ステップでとして、分析ツールを使って、新規設計結果の実現性を検証します。

モーフィングは、車体開発などの大規模製品から、設備機器開発などの小さなコンポーネントまで、あらゆる産業および製品規模に適用することができます。プロダクト定義での活用のみならず、リソース、プロセス定義についてもプロダクトと関連づけながら修正を加えていくことができます。この柔軟性は新製品開発プログラムにおける製造の役割を最適化することができます。

 

お客様のValue

 

 

  • 開発サイクルタイムとコストの劇的な削減
  • エンタープライズを超えて、ベストプラクティスが最適なメンバーに共有される
  • エラー反復の予防による製品品質の改良
  • 製品投入直前まで、重要な開発意思決定を行うことができるため、製品品質アップおよび市場適合の向上
  • 一貫した形式、安定性、そして製品特性を維持することにより、ブランド・アイデンティティを強化
  • 顧客からの提案要請(RFPs)に対するレスポンスの信頼性とスピードを向上、「エンジニアリング・ツー・オーダー」企業としての競争性の獲得
  • 独創的意思決定機会が増えたことによるイノベーション

<p/>

ベスト・イン・クラスのモーフィングを実現するための必要条件として、3D PLMは共通のプロダクト、プロセス、そしてリソース(PPR)モデルを共有するコラボレーティブ・ワークスペースを活用し、エンジニアリング、製造、メンテナンス、そしてサポートに至る企業のビジネスプロセスを最適化します。PPRにより企業は、プロダクト・ライフサイクルを通してナレッジの獲得、共有、そして再利用が可能となります。このオープンCAA (Component Application Architecture) V5はマルチ・エンタープライズ環境における(そして統合内での)ソリューションの拡張をもたらします。

 

プロセス・セントリック

 

 

モーフィングは莫大なプロダクトおよびプロダクション・システムの生成、そして単一V5アーキテクチャをベースとしたライフサイクル・アプリケーションを通して提供される発展的なプロセスカバレッジをベースにしています。さまざまな分野における製品価値を最大限に再利用します。

 

3D コラボレーティブ・ワークプレース

 

 

コラボレーティブ・ワークスペースは、異なる分野のメンバーが、再利用可能なデジタルプロダクトとプロダクション・システムを構築できるようになります。モーフィングは、このコラボレーティブ・ワークスペースによって実現される接続性と3Dコミュニケーション効果に依存します。

 

PPR

 

 

プロダクト、プロセス、そしてリソースモデルは、プロダクトに変更が生じた場合、自動的にアップデートされます。その結果、モーフィングによって作成されたデジタル・プロダクトを製造モデルと関連づけながら即座に検証することができます。

 

ナレッジ

 

 

モーフィングは、ルールそして過去の製品開発プログラムにおける経験値を活用します。ナレッジモデルとビジネススペックの活用は、モーフィングを実行する上での差別化要素となります。

 

CAA V5

CAA V5をベースとした多くのサードパーティ・アプリケーションは、アソシアティブ製品シミュレーションと下流工程での定義までカバー範囲が広がっています。これにより、企業の知的資本を具体的な実績へと転換させることが可能になります。