Mar 29 2002

Dassault Systemes、 3D PLMアプリケーションへの3Dアクセスの最適化を目指し3Dconnexionと提携

3D PLMユーザ・インタフェース統合による生産性向上

Suresnes (France) - March 29, 2002 - Dassault Systemes (NASDAQ: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)とLogitechグループの3Dconnexion (NASDAQ: LOGIY) (Switzerland: LOGN, LOGZ)は2002年3月29日、Technology Development Agreementを締結したことを発表しました。長年Dassault Systemesの技術パートナーであった3Dconnexionは、Dassault Systemesとの関係を強化し、3Dモーション・コントローラおよび周辺装置の市場拡大に向けて開発を進め、3D PLM (Product Lifecycle Management)環境とのインテグレーションの向上を目指します。両社は開発部門における協業を進め、技術的な協力関係をより堅固なものにします。

製造業界でも広く使われている3Dconnexionの周辺装置は、PLMユーザーが直感的に3Dモデルを操作することができるよう3Dオペレーションを提供します。CATIA、ENOVIA 、そしてDELMIAのベースとなるDassault SystemesのV5オープン・アーキテクチャは、3Dconnexionのテクノロジーをサポートします。この技術提携により、SpaceMouseやSpaceBallなど3Dデバイスの操作性をはるかに向上させ、ナビゲーション、ズーム、そして回転などの操作が簡単に行える環境を提供します。直感的で人間工学に基づいた操作性はユーザーに更なるベネフィットをもたらします。

Dassault Systemesは、プレミア・グローバル3D PLMソリューション・プロバイダーです。3D PLMは、プロダクト、プロセス、リソースの統合モデル(PPR)を共有するためのコラボレーティブ・ワークスペースをベースにして、設計、製造、メンテナンス・サポートにいたるまで顧客企業のビジネス・プロセス最適化を支援する製品群です。このPPRモデルを活用して、プロダクト・ライフサイクル全体でナレッジの取り込み、共有、そして再利用が可能となります。オープンなCAA V5 (Component Application Architecture)は、異なる企業間、拠点間でのソリューションの統合と拡張を実現します。

Dassault Systemes、Research & DevelopmentのExecutive Vice PresidentであるBruno Latchagueは、 「3Dはコンセプトから生産、保守に至るまで我々の戦略の核となる。このため、3Dconnexionは3Dをより使いやすく生産性の高いものとするために重要な役割を果たす。今回の技術提携は3DconnexionのV5アーキテクチャへの統合を拡張する。これにより、ユーザーは直感的な手法により新しいレベルで3D空間をとらえることが可能となる。」 と述べています。

3DconnexionのCEOであるWolfgang Hausenは、 「我々のデバイスの機能をCATIA、DELMIA、そしてENOVIAへ完全統合し、顧客企業にメリットを提供できるこの機会を嬉しく思う。企業のPLMエンジニアは非常に大きなメリットを得るだろう。」 と述べています。