グローバルからローカルへの移行

製造業の間で、オフショア・アプローチを再考する傾向が高まっています。現地化のトレンドに影響を与えているものは何でしょうか? さらにそれは適切な選択なのでしょうか?

製造業の拠点が国内に戻りつつあります。その動きに適応するにはどうすればいいでしょうか?

いま起きていること

1980 年代以降、オフショアリングはほとんどのメーカーの拡張戦略に不可欠な要素となっており、生産の大部分をコストの安い海外にアウトソーシングしています。しかし、情勢は変わりつつあります。

Kearney が 2022 年に発表した リショアリング・インデックスによると、製造担当エグゼクティブの 92% が製造のオンショアリングに前向きな姿勢で、業務の拠点を海外から国内に戻しています。実際に、アジアに依存する米国メーカーの 79% は、リショアリング・プロセスを開始している、もしくはまもなく開始する予定です。

こうした考え方の変化は複数の力に影響されています。数年前から、国内経済の低迷が課題となった結果、さまざまな国の政府が、雇用回復のためリショアリング政策を発表しました。製造拠点を国内に戻すことにより、選挙で確実に票を集めることができ、一種の製造業ポピュリズムが選挙の勝利につながると考えられてきました。 

しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的流行や、それに伴うグローバル・サプライ・チェーンの突然の混乱が、こうした傾向をさらに加速させました。 

サプライ・チェーンの主権を高めたいという要望は、特にロシアのウクライナ侵攻のような地政学的緊張の高まりによってさらに強くなっています。食品のサプライ・チェーンなどでは、これは意外なことではありません。 

製造のリショアリングに関しては、消費者目線での理由もあります。気候変動や環境に対する懸念によって、特に食品・ライフスタイル産業を中心として「Buy Local」のムーブメントが活発になり、サプライ・チェーンが国内やその近くに移行しつつあります。 

他の製造業がどう対処しているか知りたいですか?

当社のオーダーメイドのソリューションで現在の課題に対処しましょう

詳細

それが重要である理由

リショアリングにはさまざまな形態がありますが、最終的には、資本設備、インフラ、サプライ・チェーン、労働力をより強い主導権と管理が保てる地域に戻すことが必要になります。これは、米国企業が国内に業務の拠点を戻すなど、国内への移行を意味することがありますが、必ずしもそうである必要はありません。より安定した信頼性の高い地域や、他の「友好的な」地域に業務を移すことでメリットが得られる可能性もあります。

「必ずしも自国に業務の拠点を置く必要はありません。オペレーションの拠点により近い場所で業務を行うか、業務を再配置することです。そのためには、パートナーや国同士で信頼できるネットワークを構築し、 サプライ・チェーンのレジリエンスを確立することが重要です」と、ダッソー・システムズのインダストリー担当 WW プロセスおよび OPS トランスフォーメーション・エキスパート、Alexandre Tew-KaÏ は述べています。「これは、企業が信頼できる環境で保守や運用などを行うことができるフレンド・ショアリングについてです」

 

どのように備えるか

自国に近い場所に業務の拠点を移転することもその一つですが、工場の移転やその他の形態の再ローカリゼーションは事実上非常に大きな課題となることがあります。産業インフラストラクチャーの構築や再構築、新しい労働力の育成は、コストと時間がかかり、世界経済の情勢にも影響を受けます。

再ローカリゼーションが理にかなっているかを判断する際には、その選択によってどのような結果がもたらされるかを確認できる情報やツールを用意することが重要です。備えあれば憂いなしです。

「このような場合、事業運営のバーチャル・ツイン・エクスペリエンスが役に立ちます」と、Tew-KaÏ は言います。「エコシステムの再編成や、より多くのローカル・サプライ・チェーンの確立を検討している場合、リショアリングがもたらす変化をモデル化してシミュレートすることができます。バーチャル・ツインとサプライ・チェーン管理のシミュレーションにより、適切な最終決定を行い、効果的に実行に移すためのさまざまなシナリオを試すことができます」

製造業の今後 10 年間では、仮想世界を使用して現実の世界でよりスマートな選択を行うことがトレンドとなるでしょう。

必ずしも自国に業務の拠点を置く必要はありません。オペレーションの拠点により近い場所で業務を行うか、業務を再配置することです。そのためには、パートナーや国同士で信頼できるネットワークを構築することが重要です。

テスト
Alexandre Tew Kai
ダッソー・システムズ、インダストリー担当 WW プロセスおよび OPS トランスフォーメーション・エキスパート

その他のトレンド

製造業に向けた当社の取り組み

Aerospace & Defense > Dassault Systèmes
航空宇宙・防衛
仮想世界と現実世界の間のギャップをなくし、コンセプトからオペレーションまでを加速。
Home & Lifestyle > Dassault Systèmes
ホーム・ライフスタイル
個人指向のイノベーションにより、すべての消費者体験を個別化
High-Tech > Dassault Systèmes
ハイテク
イノベーションをシンプル化および加速させ、より価値ある消費者体験を創出。
Shape High-Tech Supply Chains for Resilience > Dassault Systèmes
Shape High-Tech Supply Chains for Resilience
Modular supply chains make it easier for manufacturers to master complexity and strengthen their supply chain resilience against volatility.
Industrial Equipment > Dassault Systèmes
産業機械
製造のデジタル化で受注生産のイノベーションを実現。
Business Services > Dassault Systèmes
船舶・海洋
船舶・海洋業界の持続可能なトランスフォーメーションを加速。
Transportation & Mobility > Dassault Systèmes
自動車・輸送機械・モビリティ
未来のモビリティに向けた車両イノベーションを推進
ページトップへ戻る

世界は製造業を必要としています

変化のためのマニフェスト