クオリティ・インテリジェンス

製品仕様と要件に合わせて製造オペレーションを確実に実施

グローバル化と車両の複雑化、さらに競争の激化により、車両プログラム担当重役やマネージャーは、増加する品質や安全性に関する厳しい要件を満たすのが困難になっています。リスクをすばやく正確に特定できれば、こうした基準に確実に準拠できます。ビークル・プログラム・インテリジェンスは、必要とする人員にプログラム情報を直ちに提供し、意思決定を促進して、コンプライアンスに優れた車両を市場に投入できるように支援します。 

さらに、自動車メーカーは、従来の情報システムと新たな情報システムの上に信頼できるレポート・システムを構築し、手作業でのプロセスとそれに伴う必然的なエラーを排除する必要があります。ビークル・プログラム・インテリジェンスにより、すべてのユーザーがPLMデータへのアクセス・ポイントを各自で持つようになります。これこそが情報の一元管理の実現です。PLMやその他のシステムのコンテンツを取得して分析することで、最も信頼性の高いKPIのみを明確に提示できます。このため、レガシー・ツールやシステムを制御された低リスクな方法で削減できます。企業全体をつないで統合することでコラボレーションを強化し、車両開発プロセスとエンジニアリング・チームのパフォーマンスを最適化して、顧客のニーズを超える革新的なグローバル設計の確立にチームを専念させることができます。

主なメリットと機能

  • 問題とその問題に関連するリスクをタスク単位で特定し、スケジュールどおりに進行
  • 短期的な注意と行動が必要なPLMシステム関連の状況を明らかにし、ボトルネックと異常を排除
  • 故障モードと対策傾向を明らかにすることで、車両の品質を改善
  • IT変革から分析を分離することで、ビジネス情報のトレーサビリティと信頼性を確保