ビークル・プログラム・インテリジェンス

PLM Analyticsでビジネス判断の迅速化と強化を図る

自動車メーカーの経営陣は、自分の管轄プロジェクトとプログラムの現状と展開をリアルタイムに把握する必要があります。課題となるのは、すべてのITシステム、プロセス、人員から取得する膨大な量の情報から意味を見出すことです。この増え続けるデータを簡単な操作で取得、リンク付け、表示することで、情報をベースにした判断をオンデマンドで下し、問題の回避・解決、需要の予測を行って顧客の期待を凌駕し、競争を常にリードすることと可能になります。

ビークル・プログラム・インテリジェンス 3Dエクスペリエンス® ソリューションでは、ユーザーは複数のシステムに格納されている企業の重要データにすばやく効率的にアクセスでき、最新の詳細情報がカスタマイズされたダッシュボードに最適な形で表示されます。ダッソー・システムズのPLM Analyticsテクノロジーにより、プロジェクト追跡、品質、変更、問題の管理、目標とのギャップ分析、キャパシティ・レビュー、部品とアセンブリの比較などを行うことで、関連するエンジニアリング情報を取得、測定、分析し、結果的に車両の開発および製造プロセスをグローバルな企業全体で改善できます。 

ビークル・プログラム・インテリジェンスの価値

  • 状況に応じた正確な車両エンジニアリング・プロジェクト情報をリアルタイムで視覚化し、適切な判断を促進
  • 故障モードと対策傾向を明らかにすることで、車両の品質を改善
  • すべてのプロジェクト・データを活用し、市場投入期間を短縮
  • 複数の異種システム、レガシーシステムの統合ビューにより、コラボレーションを促進して情報を一元的に管理

「『ビークル・プログラム・インテリジェンス』インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスにより、企業は情報の一元管理を実現し、豊富な情報から適切な判断を下せるようになります。『ビークル・プログラム・インテリジェンス』のスピードと敏捷性のおかげで、複雑さとコストが軽減され、車両の品質を高めて市場投入期間を短縮できます」  

Olivier Sappin バイス・プレジデント、自動車・輸送機械、ダッソー・システムズ