イノベーション・オン・トラック

業界基準団体ProSTEP iViPとドイツの自動車OEM数社が、製品データ管理と仮想製品作成に関する問題および基準を定義し対応するための構想開発を開始した際、ダッソー・システムズは早い段階でこれに参加し、PLMのオープン性基準(Code of PLM Openness)の作成を支援しました。

プロセス・プランニング・アンド・バーチャル・ビルド

都市が鉄道網を拡張して交通渋滞や公害を解消しようとしている現代は、鉄道車両メーカーにとって競争の時代です。すべてが異なる特性を必要とし、異なる規制に準拠しなければならないため、同じプロジェクトは1つもありません。製造プロセスを工業化する企業が増えるほど、顧客の期待に応えるためカスタマイズされた車両が提供されるスピードも速くなります。製造段階で、テクノロジーを活用することでタスクを合理化し、予算と計画要件を満たすことが可能となります。

プロセス・プランニング・アンド・バーチャル・ビルドにより、製造プロセスをデジタルに定義およびシミュレーションするツールを使用することで、物理的な段取りが整う前に製造およびアセンブリ・ラインを検証し、プロジェクトを滞りなく進めることができます。デジタル・コピーにより、設計者とアセンブリ・ライン作業者は連携して早い段階から製品設計またはラインレイアウトを調整できるるようになり、ボトルネックや過度な廃材が削減され、両者のコミュニケーションが改善します。仮想環境で作業することによって再現性が高まり、モデルが3Dエクスペリエンス・プラットフォームに保存され、将来のプロジェクトで再利用可能となるため、製造立ち上げをスピードアップできます。プロジェクト関係者が情報にアクセスし、情報を利用できるため、工場ではベスト・プラクティスを共有できます。工場作業者が最新の3Dモデルおよびアニメーションに基づくデジタル・アセンブリ手順を利用できる一方、クライアントは分かりやすいメンテナンス・マニュアルを利用できます。どちらも状況を明確にし、エラー、不快感、コストのかかるやり直し作業を軽減します。

主な特徴とメリット

  • 製品の設計と製造ライフサイクルを保存および管理するための統合データ・リポジトリを提供
  • 設計変更の影響を管理するためのエンドツーエンドのプロセス・トレーサビリティーをサポート
  • 実証済みの製造手法や企業の知識の収集、標準化、および再使用が可能
  • 製造サイクル・タイムを短縮し、製造コストを削減
  • 最新形状をベースにした明確かつ分かりやすいマニュアルの提供