インスパイア・クリエイティビティ

どんな設計者でも「設計者の壁」に直面する時期があります。新しいアイデアがどうしても思い浮かばず、インスピレーションを刺激するものならどんなものでもいつでも歓迎します。インターネットは情報の宝庫です。そのため、設計者は時間の半分以上をウェブ上で新しいアイデア探しに費やします。しかし、見つけた宝を整理する方法がなければ、インターネットはあっという間に、うまく調和のとれたアイデアの流れではなく、耳障りな騒音になってしまいます。

インスパイア・クリエイティビティでは、ソーシャル・リスニングとコラボレーションをすぐに実現できます。イノベーション・ラボは、社内の他の部門とコラボレーションすることで着想のパイプラインを広げて、コミュニティを通じてアイデアと専門知識を融合できます。設計者は、ダッシュボード・インテリジェンスを活用して、関連するすべての情報源を集約し、情報を明確で検索しやすいカテゴリーに整理することで、インスピレーションを刺激できます。設計チームは、共有できるムードボードを作成して、設計説明で提示された指示やガイドラインにすべてのメンバーが確実に従うことができるようにします。競合他社のソリューションとは異なり、設計者が、最も関心のあるインスピレーションの元となる情報源(ブログ、ウェブサイトなど)をダッシュボードの「インスピレーション(Inspiration)」タブにフラグを立てたり、キーワードを使用して確認したいセクションや記事のみを選択することができます。キーワードを使用すると、そのキーワードを含む情報源のみが表示されます。気に入ったアイデア、記事、画像は、「アイデア・トゥー・キープ(Ideas to keep)」タブにグループ化すると、情報をさらに迅速かつ簡単に見つけられるようになります。マネージャーもインスパイア・クリエイティビティを使用して、自動車業界のトレンドやホットな話題などに精通することができます。一定の期間に発行された記事の数や進展をモニターすることで、たとえば、人々が最も関心を持っている話題を特定できます。

主な特徴とメリット

  • 情報源をパーソナライズする機能
  • ウェブと社内データを比較してキャンペーンのインパクトの判断が可能(MisoData)
  • 事前定義した頻度で警告を作成し(PushMail)、システムで自動的に情報を集約して、電子メールまたはテキスト・メッセージでユーザーに通知(Dashboard of Things)
  • 情報を保存して(AutoSave)いつでもアクセスできる機能