トランスポーテーション・プランニング

インフラや物流業者が担う需要の増加に伴い、制約も増えます。トランスポーテーション・プランニングを使用することで、鉱業組織は、物流計画を最適化し、パートナー、インフラ、物流業者と協力して、輸送ネットワークを効率的に使用できます。

トランスポーテーション・プランニングでは、道路、鉄道、海上の輸送サプライ・ネットワークを最適化して、スループットを最大化し、コストと違約金を最小限に抑えられます。これは、サプライチェーンの輸送ネットワークの全体像を単一ビューとして提供する、統合システムにより可能となります。

主な特徴とメリット

  • 統合されたプランニング、最適化された製品調達、製品品質の管理、在庫の管理、適切な貨物の割り当てにより、道路、鉄道、船舶の輸送ネットワーク計画およびスケジュール設定の改善
  • ネットワークの中断、需要および供給の突然の変化、その他通常のオペレーションに影響を与える突発事態に対応するため、リアルタイムで人員と輸送スケジュールを調整
  • ロジスティックス要件の予見、制約の最小化、リスク管理に向けた、信頼性の高い需要・供給・キャパシティの予測
  • 組織の各部門や外部業者とリアルタイムのコラボレーションを通じた、完全に実行可能な計画の作成